« 情勢判断の「読み間違い」はカバーできるか | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(112) »

無事にゴールド運転免許更新しました

前回5年前にゴールドカードに復帰できた運転免許証、誕生日が近づいてそろそろ更新の時期かなと思ったら、通知のハガキが届きました。今回も優良運転者講習でOK、これから5年ですから、70歳まではゴールドカードが持てることになりました。
 
70歳になると高齢者講習なるものがあって、それを一部あるいは全部受けないといけないということに、なっているようですね。何歳まで車に乗るのか、今のところはあまり考えてはいませんが、75歳くらいまで(生きておれば)乗りたいと思っているところです。それ以上になると、その時の体と心に相談となるでしょう。

ここのところ、高齢者による交通死亡事故のニュースが相次いでおり、いずれも80歳代のドライバーによる痛ましい事故です。確かに、高齢化が進んでいるので、高齢者が事故に遭う確率も、事故を起こす確率も高まっているように思われます。そういうことにはなりたくない、しかし自分の足として便利な車には乗り続けたい。

とくに自分の生活を見回してみたら、電車やバスで間に合うことも少なくありませんが、車が Img148_3 なければ不便を感じることも多々あります。電車の駅もバスの停留所も歩いて5分ほど、後者は歩ける範囲に3つくらいあり、電車は1時間に2~3本、バスは全部で10本くらい走っています。

それでも、買い物に出かける時や役所や図書館に行く際には、自分の時間が自由にできる車ははるかに便利です。生活に欠かせないものだけに、そのぶん心して乗らなければとも思うわけです。その心得・氣愛を確認するのが講習かな。

車に乗る際には、必ず愛車に言葉をかけます。「今日もよろしく頼むよ、安全運転でいくからね」とか、「今日は少し遠出だからよろしくな」など。

さて、善は急げというわけではありませんが、更新可能当日の12日は免許センターがお休みでしたので、昨日の午前中に出かけてきました。日曜日だから少し混んではいましたが、手続きはほとんど待たされる時間もなくスムースに進み、講習も30分で完了。

新しい免許証を受け取り気分も一新。次回、と言っても5年後になりますが、またゴールド更新ができることを誓いながら、センターを後にしました。ふと気づいたら、周りの木々がきれいに色付いていました。

« 情勢判断の「読み間違い」はカバーできるか | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(112) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64487237

この記事へのトラックバック一覧です: 無事にゴールド運転免許更新しました:

« 情勢判断の「読み間違い」はカバーできるか | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(112) »