« オタオタするなよ、日本!自立のチャンスだぜ。 | トップページ | 不比等の期待を裏切った?元明天皇 »

脳力開発は人間学であり行動科学です(111)

●両面とも事実なのです
戦略と戦術については、これからも折に触れてお話しすることがあるかと思いますので、次に移りましょう。「思考方法の整備」の第二面は、両面思考ということです。その反対を片面思考と呼びますが、こちらは最も頻繁にある欠陥習慣です。要するに物事の片面や一面だけを見たり、考えたりするPhoto ことですが、一般的に自分に都合の良い方にばかり目がいくということが多いようです。人に対しても、自分にとって必要な、また都合の良い人だと、その良い面だけを見て評価を下す。

 逆に嫌いな相手だと、悪い点だけをピックアップして捉えてしまい、「あいつは悪い人間だから付き合わない方がいい」などと、周りの人にまで言ってしまう。家庭内の嫁姑の争いなども、こういう物の見方が根底にあることが多いようです。大事なことは、ものには全て両面があるのだということです。この根本を忘れてしまうから(意識していないから)、見えるところだけ、見せられたところだけを見て、あたかもそれが全体や全面を示していると思い込んでしまいます。


 表があれば裏がある、上があれば下もある、右があるからこその左であるし、ある人にはメリットであっても、違う人にはデメリットであったりします。これら両面を、常にセットして見る習慣をつけることが、両面思考の基本です。よく白熱の論戦などといいますが、双方がつばを飛ばしながら議論しているのに、いっこうに結論に至らない。それどころかますます対立するばかりだ。これは両方が違う片面の事実を言い張って、対立しているいうことが多いようです。
(写真は本文と無関係です)

« オタオタするなよ、日本!自立のチャンスだぜ。 | トップページ | 不比等の期待を裏切った?元明天皇 »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64462652

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です(111):

« オタオタするなよ、日本!自立のチャンスだぜ。 | トップページ | 不比等の期待を裏切った?元明天皇 »