« 脳力開発は人間学であり行動科学です(101) | トップページ | 「返事は早く」のつづきから先縁尊重へ »

「返事は早く」はご縁を大切にする心の表われ

私の尊敬する鍵山秀三郎さんの著書に、「困難にも感謝する」(PHP)というコラム集があります。その中には、日々の行動についての色んな気付きにつながることが書かれていますが、その一つに『返事は早く』というコラムがあります。

Photo 少しだけ引用させていただきます。

「経営から身を引いたいまも、手紙やハガキが毎日届きます。少ない日でも十通余り、多いときは二十通を超えることがあります。
私はその手紙やハガキに対して、時間の許すかぎり、その日のうちに返事を書くようにしています。けっして、私が時間をもてあましているからそうしているのではありません。
ひとえに、お便りをくださった方々へのお礼と感謝の気持ちをできるだけ早く伝えたい一心でペンを走らせています。
 (中略)

お礼や感謝の気持ちは、時間が経てば経つほど薄れていくものです。私はその気持ちを、まだぬくもりのあるうちにお届けするように心がけています。』(以下略)

私もこれを読んでできるだけ早めに、ハガキでもメールででも時間をおかずに送ることを心がけていますが、ついつい「今忙しいから」と理由を付けて、後回しにしてしまうことがあります。でもそれって、お礼や感謝の気持ちより大事なこと、優先すべきことがあるのかと反省しています。

問い合わせや企画提案に対して、いつまでも待っても回答をよこさない相手に、腹を立てることも一度や二度ではありません。最近もそういう事例がありました。相手にも都合があるのだろうなと思うようにしながら、私はそんなことはしないようにと、自分に言い聞かせています。

昨今はメールという便利なツールがありますが、上手に使わなければ宝の持ち腐れです。メールでは失礼かなと思っても、まずはお礼や感謝の気持ちをメールでお伝えすることは許されるでしょう。その後にまた改めて、余り間をあけないで、きちんとしたご返信を送ればいいと思います。

返事は早く、これからも心掛けて参りましょう。小さなことではありますが、人のご縁を大切にする心を忘れないようにいたします。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(101) | トップページ | 「返事は早く」のつづきから先縁尊重へ »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64307711

この記事へのトラックバック一覧です: 「返事は早く」はご縁を大切にする心の表われ:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(101) | トップページ | 「返事は早く」のつづきから先縁尊重へ »