« 鹿部電鉄を見学してきました | トップページ | 反原発の主張を県民は良しとしたぞ »

脳力開発は人間学であり行動科学です(104)

前回も少し触れましたが、「降伏」と「妥協」とは違いますのでしっかり区別しなければなりません。原則のレベルでぶつかった時に、相手の力(相手の原則)に屈して、本心とは逆の方向に自分の原Photo 則を譲ってしまうことが降伏です。降伏は独立性や、主体性を放棄してしまうことを意味します。妥協は、あくまで自分の原則を守り抜くことが前提です。その上で、相手の原則との間に具体的な協調点を設けるわけですから、降伏とは本質的に異なります。

 すなわち、お互いに自分の原則を持ち、相手の原則を認め合った上で、妥協点や協調点を設けて調和や協力を維持していこうというのです。これによって、自分もよしであり、当然に相手もよしとなる状況が作られて、望ましい関係になっていくのです。会社や組織の中で、一緒にいたくないなあとか、一緒に仕事をしたくないと思うような人はいませんか。極端に嫌だというのでなくても、できるだけ避けたいなと思う人はいるのではないでしょうか。私も現役時代には、何度かそういう状況を体験しました。

 人に対する好き嫌いは、多かれ少なかれ誰でも持っているものです。それが嵩じると、嫌いな相手や苦手な相手を敬遠して、なるべく接触しないようになってしまい、自分とウマの合う相手とばかり付き合うようになってしまいがちになります。これも脳力にとっては大きなマイナスで、脳の使い方の中でも重要な、「周りの人を動員結集する」ことによって事をなす、ためには大変な損失につながります。誰でも活用するのが本来の脳力発揮なのですから、多大なロスだといってもいいでしょう。

« 鹿部電鉄を見学してきました | トップページ | 反原発の主張を県民は良しとしたぞ »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64358445

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です(104):

« 鹿部電鉄を見学してきました | トップページ | 反原発の主張を県民は良しとしたぞ »