« 脳力開発は人間学であり行動科学です(93) | トップページ | 社員研修における「どこの誰、なぜ来たか」 »

西郷がどう描かれるのか余り期待できない

いや、別に怒ることでもないのですが、どうもねぇって感じなのでこのカテゴリーで書いてみようかと。つい最近発表されたことなんですが。

Photo 2018年のNHK大河ドラマが「西郷(せご)どん」に決まったとのこと。原作は林真理子さん、脚本は「花子とアン」の中園ミホさん、原作を読んでいないので内容をどうのこうのと言うつもりはありません。

ただ、なんで西郷隆盛なの?って感じなんですよね。そして、もし描くのであればきちっと正の部分だけでなく、負の部分も描いてほしいと思うわけです。もちろん、小説もドラマもフィクションの世界ですし、描く人たちの思いや主張もありますから、それはそれでいいのです。

ただ、西郷を描けば当然に明治維新での「勝つ組」がクローズアップされ、その対照として佐幕側の会津や長岡などの「負け組」がより色濃く描かれるかと思うと、そんなのは見たくないなと。歴史は勝ち組史観で描かれても、逆にフィクションはより公平にやってほしいものです。

西郷は新潟・長岡藩とはほとんど関係がありませんが、西郷の弟は北越戦争に従軍してきて長岡藩と戦い、戦死しています。西郷自身は庄内藩との戦いに出向き、庄内藩にとって幸いな方向で開城させることに成功しています。山県(有朋)ではなく、西郷が長岡藩と戦っていたらナンテ考えてしまいます。

西郷を描くのであれば、謀略家である実像にもちゃんと迫ってほしい。もしかしたら、倒幕に障害となりそうな坂本龍馬を暗殺した黒幕だったのではないか、といったところにも切り込んで・・・はくれないでしょうね。

また、そうやって成し遂げた明治維新・明治政府はどんな位置づけで描かれるか。背を向けた西郷が向かった先は、本当に正しい道だったのか。

それにしても、山田方谷とか河井継之助を取り上げてくれるのは、いつのことでしょうか。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(93) | トップページ | 社員研修における「どこの誰、なぜ来たか」 »

VANちゃん怒ってます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64182531

この記事へのトラックバック一覧です: 西郷がどう描かれるのか余り期待できない:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(93) | トップページ | 社員研修における「どこの誰、なぜ来たか」 »