« 天武天皇はなぜ独裁を行ったのだろうか | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(93) »

社内MG研修の戦略をしっかりつかんで

台風から変わった温帯低気圧、むしろこれから発達しそうな勢いだそうで、進路に当たる地域では油断はできないそうですね。それにしても、相次いで襲う台風群、不安定な天候の裏には地球温暖化という大きな要素があるとのこと。根本原因を究明しないと、ホントに有効な手は打てません。

さて、話題は変わって「社内MG研修」です。昨日と今日、神戸のS社さんの社内MG研修が開催され、インストをやらせていただいています。最近、西研MGの周りではインストラクターコースでもあるMGシニア研修に参加して、資格を得る方が増えています。そして、自社Img_2855 での社員研修を指向される方も少なくありません。

28年前の私もその一人でありましたし、資格(インストラクター免許)をいただいたあと、社内の各部門ごとに研修を行い、MGや戦略会計の考え方を浸透させていくことに努めました。究極は販売会社に出向して、「毎日がMG」と言われるほど、実際の経営に活かしていきました。

MGの開発者である西順一郎さんは、常々「MG参加者の向こうにその会社を見る」ことを心がけるよう、私たちに言われてきました。社内インストラクターは、実際に会社に在籍していますから、それがリアルにできる立場にあります。そいうより、その原則的な土台を忘れてはいけないと思うのです。

当社ではMGを通して何を目指していくのか、つまり戦略をしっかり持たねばなりません。経営者自身がインストラクターを務める場合は当然のことですが、もし部門のリーダ-の方などが務める場合には、まず社長たちとのすり合わせが不可欠です。MGは戦略(目的・目標)実現のための手段の一つ、その意識を忘れないでいただきたいものです。

残念ながらそうでない会社の姿も、これまで少ない例として見ることがありました。MGのゲームの側面にばかり目を向けてしまい、もっと大きな目的があるのに、もったないなと感じてしまいました。

振り返って今日明日の社内MG研修、私も以上のことを頭に置いて進行していきます。その効果がどういう形で表れていくのか、とっても楽しみです。なぜなら、参加している社員さんの顔が、笑顔がとっても素敵だからです。社長が最もニコニコ笑顔かも知れません。

これが第1回、そして今後も不定期的にではありますが、続いていくことでしょう。私も今回と次回はお手伝いさせていただく予定です。道筋がキチンと敷けたら、あとは社長はじめ皆さんにお任せです。だからこそ、正しいやり方でメリハリを大切にして、締めくくりまで氣愛を込めてやります。

さて、今日もいい笑顔に会えますように。

« 天武天皇はなぜ独裁を行ったのだろうか | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(93) »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64173519

この記事へのトラックバック一覧です: 社内MG研修の戦略をしっかりつかんで:

« 天武天皇はなぜ独裁を行ったのだろうか | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(93) »