« 2017年マンダラ手帳はボトルグリーンで | トップページ | あなたの会社の有休消化率は? »

脳力開発は人間学であり行動科学です(98)

批判や忠告あるいはアドバイスが出ないのは、むしろ何もやっていないことを示していると言えます。何かをやれば、何らかの反論や批判、またはもっとこうやってはどうかといったアドバイスが、出てくるものではありませんか。せっかく出された自分への批判は、嫌がって耳をふさいでしまうのではなく、少しでも自分の利益(プラス)になるように活用した方が佳いのは明らかです。アドバイスだけでなPhoto く、反対意見や欠点の指摘であってもです。

 脳力開発では、むしろ積極的に進んで受けるくらいの気持ちを保っておいた方が良いと教えています。批判などをプラスに活用するのと、聞く耳持たずと活用しない人とでは、後々で格段の違いが出てくるものであることは言うまでもありません。中には、人の意見を遮って自分の主張ばかりをする人がいます。いつだったか、あることについて教えてほしい、アドバイスをいただきたいという経営者のところに出かけたことがあります。資料を揃えてお見せしながら解説を始めました。

 そうしたら、10分も経たない内に「なるほど、おっしゃっていることはよく分かりました」と言われ、そのあと滔々とご自身の考えていることを語られました。あっけにとられて、相槌を打つのも忘れるほどでした。実はこういう方も、基本が「現状に甘んずる(現状維持の)姿勢」の方なのです。話されている内容は、何となく現状打破に聞こえるのですが、そもそも人の意見を聞かない根本姿勢があるのですから、参ってしまいます。

« 2017年マンダラ手帳はボトルグリーンで | トップページ | あなたの会社の有休消化率は? »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64254368

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です(98):

« 2017年マンダラ手帳はボトルグリーンで | トップページ | あなたの会社の有休消化率は? »