« 「青春18きっぷ」の旅ができなかった | トップページ | 新豊洲問題は対岸の火事には非ず »

脳力開発は人間学であり行動科学です(94)

難しいと感じる気持ちについて、もう少し掘り下げ見ることにしましょう。大きく全体で捉えていると、例えば仕事の量が多そうに見えたり、複雑に絡み合っているように見えたり、あるいは時間がかかると思うと尻込みするようです。そんな時には、具体的な細かい動作に分解してみると良いのです。動作とは「手と足と口の使い方」のことであり、人間なら誰でもやれることです。そうしてみると時間やエネルギーがかかるだけで、質的には易しいことに気が201302 付くはずです。

 難しいと感じて手をつけない、やり始めない、そして結局やらないのと、易しいと感じてすぐに始めるのとでは、当然ですが結果に大きな差がつきます。どちらが得なのか、自分にとって良いのかは自明の理だと思いますがいかがですか。物事は易しく分解してとは言いながらも、やはりなかなか難しそうだと感じることもあるでしょう。そんな時には、易しそうなところから手をつけていくことを心がける、すぐにできそうなところからまず始めることがポイントです。

 要は「自分にはできそうもない、難しい」と感じることこそ、最大の壁であり妨げの要素なのです。脳力開発ではこれを、「一歩ずつ歩むべし。一口ずつ食べるべし」と教えています。どうせ、それ以外にはやりようがないのですからね。テーブルの上に、ごちそうがずらりと食べきれないほどに並んでも、一気に全部を口に運ぶことはできません。どこから箸をつけるか、食べやすそうなところから、あるいは自分の好きな食材から手をつけるのではないですか。同じことです。

« 「青春18きっぷ」の旅ができなかった | トップページ | 新豊洲問題は対岸の火事には非ず »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64185170

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です(94):

« 「青春18きっぷ」の旅ができなかった | トップページ | 新豊洲問題は対岸の火事には非ず »