« あなたは会社を佳くしたいと思われていますか | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(82) »

中大兄皇子はなぜすぐに即位しなかった?

かつて教科書の中でも英雄視されていた中大兄皇子、大化の改新はこの人物が推し進めたと習い、もちろんそうだと信じていたわけです。しかし事実を見ても、何だか変だなと感じていたのです。つまり、皇極天皇のあとを孝徳天皇が継がれたのはともかくとして、その後なぜまた斉明天皇の重祚となり、すんなり天智天皇とならなかったのか。

何だかおかしいよねと感じ始めると、おかしい事実がいくつも出てくるのですね。言ってみればつじつまの合わないことばかり、挙げ句に叔父でもある孝徳天皇を難波宮に置き去りにするとは、いったいどういうことなのかと。皇太子の行動としてはおかしいのではないか。

また孝徳朝の重臣の中には蘇我系の豪族が少なくない、蘇我本宗家は滅びたはずであるのに、例えば蘇我倉山田石川麻呂は右大臣に上っている。その石川麻呂はどうも殺された形跡があるが、その「下手人」は中大兄皇子につながるようだ。

Photo そして半島に新羅討伐軍を送ることになるわけですが、先頭に立っていたのは中大兄皇子ですが、そこに中臣鎌足の姿がない。最も信頼できる部下のはずなのになぜ、、、関裕二さんや何人かの方が、それは中臣鎌足がイコール百済王子の余豊璋自身だからだ、日本軍の進軍前に帰国して百済軍を率いていたからだと。

全面的に賛成するわけではありませんが、非常に有力な説だなと感じています。中大兄皇子自身が百済の王子だという説もありますが、これには矛盾が多いように思います。そして日本軍は、白村江で壊滅的敗北を喫してしまいます。

その敗戦前に斉明天皇が九州で薨去、敗戦に伴う防御陣地の構築や処理に追われて、しかもヤマトに攻め込まれるのを恐れて大津宮に遷都し、翌668年になってようやく天智天皇が即位します。どうも、即位に反対する勢力が多かったのではないかと推察されますが、どうなのでしょうか。

皇太子には大海人皇子がつきますが、ついに壬申の乱に至ることになります。

« あなたは会社を佳くしたいと思われていますか | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(82) »

「歴史と人間」ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63996407

この記事へのトラックバック一覧です: 中大兄皇子はなぜすぐに即位しなかった?:

« あなたは会社を佳くしたいと思われていますか | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(82) »