« 犬伏の別れ、意思決定は揉めなかったか | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(84) »

あなたの会社は大丈夫ですよね

先日、大きな会社は「意思決定に時間がかかる」ということを書きましたが、これについては訂正をさせていただきます。「大企業の一部には、今以て昔ながらに意思決定に時間がかかる会社がある」というのが、正解です。

実は、最近の大企業は以前に比べると格段に意思決定が速くなりました。役所のように、印鑑の数がまだ多いというところもありますが、それでも遅々として進まずということはありません。それだけ現場に権限が落とし込まれている、証左であるとも言えます。

小さい会社の方が遅い、これはひとえに経営者の判断に迷いがあったり、そもそも進むべき方向(すなわち戦略)が曖昧あるいは皆無であるとかに因るようです。会社の進むべき方向や戦略目標が明確であれば、それに照らし合わせて即断ができるはずです。迷うことなどあろうはずがありません。

そういいますと、いや我が社にもちゃんと経営理念があり、毎朝みんなで唱和していますと反論された社長がいらっしゃいました。そこで早速会社を訪ねていきました。始業時刻の30分くらい前でしたので、出勤されている社員の数もまだまばらです。玄関先に立ちましても、どなたも「いらっしゃいませ」と言われません。

「おはようございます」と声をかけますと、少し年配の男性社員の方が「なんですか」と言わんばかりの姿勢で、立ち上がってこられました。名刺を出して、社長さんは来られていますかと尋ねますと、もうすぐ来るはずだとのこと。上がってお待ち下さい、という言葉は出て来ません。

Photo 少し遅れて出勤してこられた女性社員の方が、ようやく「上がってお待ち下さい」と言ってくれ、スリッパを揃えて出してくれました。応接室に通されましたら、なるほど経営理念が立派なパネルになって、飾られていました。事務所には大きなパネルとして、壁に掛かっています。

もっとも書かれていたのは、どこかで聞いたような、見てきたことがあるような二字熟語が三つ並んだものでした。そのなかに「迅速」という文字もあり、ありゃりゃと思ってしまった次第です。何しろ社員教育の企画案・プログラムをお出しして、もう1ヶ月以上も経っていて、何の返事もないのですから。(写真は本文とは無関係です)

社長が出社されたら、開口一番に「実践できてませんね」と言おうかと思ったくらいです。お茶を出してくれた女性に、経営理念を朝礼で唱和しているのですかと尋ねました。「社長朝礼の時には必ず」という返事。ということは、社長不在の時にはやっていない?

ちなみに社長が出社されたのは、ほぼ全社員が顔を揃えた、始業2分前くらいでした。そして、朝礼での理念唱和はありましたが、この日も企画書への回答(確答)はいただけませんでした。

« 犬伏の別れ、意思決定は揉めなかったか | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(84) »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64015341

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの会社は大丈夫ですよね:

« 犬伏の別れ、意思決定は揉めなかったか | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(84) »