« 社員教育は「・・・だけ」ではいけません | トップページ | 初めて『天皇』号を称したのは天武天皇らしい »

脳力開発は人間学であり行動科学です(90)

 出発点(現状・現実)から到達点に向かって、実際に近づいていく行動こそが「人生」であることは、誰でも観念的には分かっていると思います。しかし実際面では、とくに思い通りに進んでいかない場合には、そのことを忘れがちです。思い通りに進まないのは自分の努力Photo が足りない、あるいは怠慢だったりするのに、その間違いを言い訳するかのように、自分以外のせいにしてしまっています。もしかしたら、そうやって自分を慰めているのかも知れません。

 言葉では自己革新・現状打破を唱えながら、しかし現実の努力は全部誰かにやってもらおうという「習い性」が、あなたの思考・行動に染みついてはいませんか。口では理想や目標を言っても自分では動かない、そのくせ自分の言う通りに動かない他人をけなす。それでは何も変わっていかないでしょう。自分は(会社という)組織の歯車にしか過ぎない、とおっしゃる方が少なくありません。自嘲的に唱えておられるようで、本当のところどう思っておられるのかはよく分かりません。組織の中では自分の思い通りにならないから、嘆いているのでしょうか。

 組織には特定のルールが存在し、制約事項や命令も山ほどあります。また自分とは「違う」他人が周囲に存在していますから、思い通りにならないのが当たり前とも言えます。それを「我慢するよりしょうがない」と、消極的に受け入れ自分を慰めています。そのくせ心の底では、もっと自分に(都合の)よい環境になっていれば、自分も能力を発揮できてどんどん良い仕事ができるのだけど、と思いつづけています。こういうのも人頼りの姿勢の典型で、毎日がますますつまらなくなるだけです。

« 社員教育は「・・・だけ」ではいけません | トップページ | 初めて『天皇』号を称したのは天武天皇らしい »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64121796

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です(90):

« 社員教育は「・・・だけ」ではいけません | トップページ | 初めて『天皇』号を称したのは天武天皇らしい »