« 中大兄皇子は飛鳥から追われるように遷都した | トップページ | ホームページをリニューアルしました »

脳力開発は人間学であり行動科学です(85)

 ところで当たり前のことなのですが、自分の脳(細胞)は自分でしか使えません。ということは、自分の脳力は自分だけがコントロールできるわけで、他人にはどうにもならないわけですし、他人は何もしてくれないということです。それなのに、うまくいかないことを他人や世間Photo_2 (世の中が悪い)のせいにしたりするのは、おかしなことですよね。あるいは、誰かがやってくれることを待ち続けたとしても、結局のところ待ちぼうけになってしまうだけに終わるでしょう。

 自分の基礎習慣(土台)づくりは自分自身でやる以外に道はないということです。何しろそれが脳の法則なのですから、好むと好まざるとに関わらず、です。まずはこのことを、しっかりと自分の腹に落とし込んでいておいて欲しいのです。自分以外の誰かがやってくれないかと、自分自身は何もせずにただ待ち続けている。ここでいう自分以外の誰かとは他人さん(他の人間)というだけではなく、例えば政府(が悪い)とか世の中が・・・という類も含まれます。

 相手や周囲がやってくれなければ、誰かがやってくれないかなぁ。相手が変わってくれればいいんだけどなぁ、などなど、とにかく一から十まで人頼りです。でも相手や周囲は何もやってくれないから、本人はもう諦め状態です。例えばこんなことがありませんか。自分は色んなアイディアを出したり、新しい企画書を出しているのに、部長や課長は全然取り上げてくれない。あいつらには僕の良いプランが理解できないらしい、ホントに頭が固くてどうにもならない、と。

« 中大兄皇子は飛鳥から追われるように遷都した | トップページ | ホームページをリニューアルしました »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64040345

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です(85):

« 中大兄皇子は飛鳥から追われるように遷都した | トップページ | ホームページをリニューアルしました »