« あなたの会社は大丈夫ですよね | トップページ | 第4回神戸キャッシュフロー・CFMGセミナー »

脳力開発は人間学であり行動科学です(84)

 今日からしばらくは、脳力開発の土台づくり、まずは「精神的姿勢の確立」についての話です。これには3つの大きな項目があります。まずは「自分で主体的にやる姿勢をつくろう」、次に「いつも進歩発展をめざす姿勢をつくろう」、そして「他人の利益もはかる姿勢をつくろう」の3つです。前回も、必ず反対面も考える、つまり両面思考でとらえていこうという話201302 をしましたが、ここからはすべてその流れになります。第一の項目「自分で主体的にやる姿勢をつくろう」の反対面は、「人頼りの姿勢」(をやめよう)ということになります。

 では「人頼りの姿勢」とはどういうことでしょうか。一言で言えば、自分ではない他者に原因を求めていく姿勢のことです。他者とは他人であったり、自分を取り巻く環境や条件であったりします。例えば、世の中が悪いと嘆くような姿勢も含まれます。「人頼りの姿勢」をもう少し具体的に見ていきましょう。いつも他の誰かがやってくれるのを待っている、というより誰かがやってくれるのが当たり前だという気持ちが強い。上司は部下が悪いと言い、部下は課長や部長が言うことを聞いてくれないと嘆いています。

 企業経営者は我が社には人材が来ないと愚痴を言い、売上が減ったのは政府の政策が悪いからだとか、大型店ができてお客様をとられたと腹を立てています。いくら嘆いてみても何も変わってこないから、ますます不平不満が募っていくという流れです。ではその結果、どうなるのでしょう。結論から言えばどうにもなりません。周囲や他人はますます自分の思うようにならなくなり、自分はさらに自分の望まない方に流されていくのです。よって愚痴や文句、不平が増えていくだけの状態に陥ります。

« あなたの会社は大丈夫ですよね | トップページ | 第4回神戸キャッシュフロー・CFMGセミナー »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/64030223

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です(84):

« あなたの会社は大丈夫ですよね | トップページ | 第4回神戸キャッシュフロー・CFMGセミナー »