« 脳力開発は人間学であり行動科学です(73) | トップページ | 表の歴史から隠された蘇我馬子の事績を追う »

引越による住所変更がこんなに多いとは

4月の末に引越をして、2ヶ月が経過した。生活そのものは落ち着いたという時期なのだが、色々な手続にまだ少々悩まされている。具体的にいえば住所変更の手続きだ。引越前からリストアップして、順番に手続きを済ませていったのだが、リストから漏れていたものもけっこうあるものだ。

それらは郵便で案内が届くと初めて気付くわけだ。つまり1年間の転送手続きをしているので、転送の住所シールを貼った郵便が届くことで、これも住所変更が必要だということになるわけだ。

それら数多くの住所変更をしていて、カードの枚数の多さに気付かされる。クレジットカードはさすがに数を絞っているが、それでも少なくない枚数だ。これらはネットで手続きができるところがほとんどなので、さほどは手間取らなかった。中には、電話での連絡が必要なとPhoto ころもあって、いったいこの電話料はどちら持ちなのだと気になることもあった。

その中の1つ、ある家電チェーンの住所変更に先日行って来た。店頭で申し出れば手続きができるのだろうと思っていったのだが、どうも違うらしい。しかも、会員の種類がいくつかあって
それぞれ手続きのやり方が違うという。

その1つはスマホでできるということで、店員が本部と確認しながら指導してくれて、まずはアプリのダウンロードから始まり、そこから住所変更にとりかかった。これはPCでできるのかと尋ねたら、携帯でしかできないのだという。しかも、パスワードを忘れてしまっていたので、その確認からしなければならなかった。

その手続きが終わっても、別のメンバー会員の方は電話でセンターとやりとりしてほしいとのこと。同じ会社じゃないか、一挙にできないのかと言いたかったが、そこまでで既に半時間くらいかかっている。カミさんがまだかという顔で立っているのでやめた。(ちなみに対応してくれた店員はとても一所懸命にやってくれました、念のため)

で、自宅に戻ってからそのセンターとやらに電話。幸い、こちらのやりとりはそれほどの時間を要しなかったが、同じ会社の仕組みなのだから、1つやれば全部に行き渡るようにしてほしいものだ。そういえば、別のところでも同じような疑問を感じたところがあった。

お客様第一といいながら、実情はそうなっていないケースが少なくない。商品・製品やサービスの品質以上に、価値満足という指標も大事になっている。しかも、お客様も時間とか精神的苦痛などの「コスト」を払っていることも、忘れてはならないと思うのだ。

あなたのところは、そこまで氣を配った仕事をしているのか?
(写真と本文とは関係ありません)

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(73) | トップページ | 表の歴史から隠された蘇我馬子の事績を追う »

VANちゃん怒ってます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63855271

この記事へのトラックバック一覧です: 引越による住所変更がこんなに多いとは:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(73) | トップページ | 表の歴史から隠された蘇我馬子の事績を追う »