« 表の歴史から隠された蘇我馬子の事績を追う | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(74) »

大切な一票がムダになってしまうのは残念

7月に入って梅雨らしい空模様が続いています。この蒸し暑さは苦手で、頭を使う仕事は早起きして、できるだけ朝の内に済ませてしまいます。ここのところ、放送大学の講座視聴ができていませんので、ちょっとねじを巻かないといけませんね。

さて、今週の日曜日10日は参議院議員選挙、選挙運動も残り6日間です。とは言え、今のところ誰一人として候補者の顔を見ていません。選挙カーが回ってくるのに、全く出会っていないのです。定数が一人減って与野党激突の激戦区のはずですが、そんな気配はニュPhoto ースで流れるだけです。

どちらの候補とも面識はありますが、ただ知っているという程度ですので、キチッと政見なども聞いてみたいところですが、幸いその辺りはネットでの確認ができます。それでも生の声って大事だなと思います。

ところで我が家は5月に転居した(ことになっています)ので、長岡市での投票となり、すでに入場券は届いています。今週7日にちょうど長岡に行きますので、そのおりに期日前投票を済ませてくる予定です。でも、カミさんは同行しませんし、またわざわざ10日当時に往復の時間と費用をかけてまで・・・

これが同一市町村内の異動であれば、こちらの区役所に出向いて期日前投票も、当日投票も可能なのですが、同じ県内でも市町村が違うとダメなのですね。我が家ではたったの一票ですが、ちりも積もれば山になるでしょうね。

どこかで線引きしなければならないというのは分かりますが、このネット社会ですから、投票権があることが分かり本人確認ができれば、全国どこでも投票できるようにならないのかなと思ってしまいます。カミさんは、決して棄権の意思があるわけではないですし。私だって、たまたま他の所用があるから便乗できるわけです。

ネット投票までとは言いませんが、日本国内からなら、投票意思があるのならどこでも投票ができる、という仕組みにならないのでしょうか。

« 表の歴史から隠された蘇我馬子の事績を追う | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(74) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63867134

この記事へのトラックバック一覧です: 大切な一票がムダになってしまうのは残念:

« 表の歴史から隠された蘇我馬子の事績を追う | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(74) »