« 今年の夏もMG学会の熱気がすごい! | トップページ | 中大兄皇子はなぜすぐに即位しなかった? »

あなたは会社を佳くしたいと思われていますか

昨日からのMG学会2日目、ここに参加している50余名のメンバー(シーガルたち)は、年齢も仕事も会社での役割も様々ですが、『佳くしていこう』という思いの詰まった人たちです。Img_2708 (写真は2日目の千葉さん講話)

何を佳くしていく? その答はきっと様々ですが、その一つには「(自分の)会社を佳くしていこう」という答があるはずです。

コンサルタントとして経営相談に臨むと、まず私は「社長さん、あなたは会社を佳くしたいと思われていますか」とお尋ねします。大半の方がその問いに対して、怪訝な顔をされます。そんなこと当たり前じゃないかくらいはフツウで、中には怒りの顔色をされる方も。実際に口をとがらせて、「もちろんですよ」と言われる方もいらっしゃいます。

ではどういうことをやっておられますか、と畳みかけますと、とたんに答に詰まってしまわれる方がほとんどです。別にいじめるつもりなど毛頭ないのですが、ご自身の、あるいは会社としてやっていることが間違っているから「会社が佳くなっていない」のですよね。

あるいはやっていることは間違いなくても、効果が出ていないだけなのかも知れません。ではどうして、効果が出ていないのでしょうか。そこのところが分かっていないのでは、打つ手がないと思われているのも至極当然です。

そこで、とりあえずもつれている糸をほぐして差し上げます。というよりも、ほぐす糸口だけはアドバイスしますが、実際にほぐすのは社長ご自身です。現場にどっぷり浸かっておられると見えなくなっていること、気付かずにいることが、第三者から眺めると見えたり気付いたりするのです。

大事なことは、その指摘を素直に受け容れられるかどうかです。「(この業界を知らない)素人が何を言うか」といった顔をされるのは、これまたすぐに分かるものです。そういう方にはそれ以上何を言ってもムダですので、当たり障りのないことだけを言って、コンサルを終了します。あとは時間の無駄ですから。私だって忙しい(笑)。

でも「確かにおっしゃる通りですね」という方には、では一緒に考えていきましょうとお答えして、少しずつ先に進めていきます。そこから、コンサルティングの方向を定めて、サポート内容の組み立てをするのです。特効薬はありません、時間をかけて積み上げていくことがほとんどです。

特効薬を求められる経営者もいらっしゃいますが、それは劇薬です。劇薬は一時的に会社が佳くなったように見せかけますが、効果は長続きはしません。効果が長続きして、佳い会社状態を維持していく、それが大事なポイントです。

この2日間の学びと交流の中で、そんなことを再確認しております。

« 今年の夏もMG学会の熱気がすごい! | トップページ | 中大兄皇子はなぜすぐに即位しなかった? »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63991773

この記事へのトラックバック一覧です: あなたは会社を佳くしたいと思われていますか:

« 今年の夏もMG学会の熱気がすごい! | トップページ | 中大兄皇子はなぜすぐに即位しなかった? »