« 全員が初体験者というMG社内研修 | トップページ | 想定内だった?参議院選挙結果 »

経費を上げて利益もグンと上がった

先日のブログで「利益を上げる常識」は、鵜呑みにしないで下さいと書きましたら、色んな方からご意見をいただきました。心より、感謝を申し上げます。多くは「そうだ、そうだ」という賛同でしたが、中には懐疑的な指摘もありました。

サポート先のご了承が得られれば、その事例をいくつか紹介できるのですが、こういう形・ブログやSNSでの公開は慎重にならざるを得ません。でも講演会やセミナーの席では、お話をしておりますので、ぜひそういうところにお越し下さい。

Mq ただ固定費(経費)を節減するのではなく、思いきって上げて利益を出すというのは、私自身の会社でやりましたので、これは少しここでお話しできます。その会社(販社)を、専務という役割で任されたのはもうずいぶん前ですが、累積赤字や多額の借入金を抱え、しかもキャッシュフローは破綻寸前という有様でした。

お恥ずかしい話、赴任直後の決算ではホンの僅かな経常利益をひねり出した、という内容でした。これを10倍、20倍にするといったら、周りは「そんなことができるかい」といった雰囲気でしたし、10数名のプロパー社員さん自身も懐疑的でした。

しかし、私にはやれるという自信がありました。それまで2年半MGを通じて学んだことを、キチッと現場に落とし込めば、社員さんと一緒に同じ方向へ進むことができれば、可能だと確信していました。そのためには、彼らの待遇を改善して喜んで働ける環境・条件を作るのが先だと思いました。

よって、経費とりわけ人件費をアップすることを第一目標にしました。もちろん一気にというわけにはいきませんが、改革5ヶ年計画で経費は140%に上げる、しかして経常利益は実質で10倍以上を確保する、これが戦略目標でした。

細かなことは書けませんが、結果だけ申し上げますと(5ヶ年の最終年で)経費は144%と計画を上回り、利益もオーバーして目標達成し、全社で美酒に酔うことができました。その後も賞与を、決算賞与も含めて年3回出せた年もあり、同時に内部留保もキチンと積み増すことがことができました。

やれるのです、経費を削るだけが能ではありません。むろん、ムダな経費・冗費は削らなければいけませんが、必要な費用は思いきって投下した方がいい場合があるのです。それによって、社員さんのモラル・やる気も上がります。自分の人件費は自分で稼ぐ意識が高まり、自主性や主体性が醸成されます。

もちろん、全てがうまくいったわけではなく試行錯誤や失敗もありました。それを乗り越えてこその成果です。ちゃんと科学的な、合理的な裏付けを持つことも必要ですが、あなたの会社もチャレンジしてみられませんか。

« 全員が初体験者というMG社内研修 | トップページ | 想定内だった?参議院選挙結果 »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63894099

この記事へのトラックバック一覧です: 経費を上げて利益もグンと上がった:

« 全員が初体験者というMG社内研修 | トップページ | 想定内だった?参議院選挙結果 »