« 脳力開発は人間学であり行動科学です(64) | トップページ | 「朝礼は時間のムダ」という会社は破綻する »

従一位北政所というより「ねねさん」ですよね

従一位北政所豊臣吉子、朝廷から与えられた正式名。でも、親しみを込めて「おねさま」、あるいは「ねねさん」と読んだ方がいいですね。

従一位はまさに位人臣、皇族ではない女性としてはもちろん最高位です。北政所は、関白さんのご正室に贈られる称号ですが、太閤(前の関白)さんといえば豊臣秀吉を指しているように、北政所というと「ねねさん」を特定して呼ばれるようになりました。

その出生は、最下層に属していた秀吉よりはマシだという程度で、信長の下級家来であった杉原定利の長女で、家の貧しさ故か浅野(長勝)家に養女に出されています。秀吉とはPhoto 10歳くらいの年齢差があったそうですが、当時としては珍しい恋愛結婚であったとも。二人の媒酌人は前田利家で、利家・まつ夫妻とも長い交流が続きます。

秀吉の出世と共に、「ねねさん」も足軽大将の妻、一軍の将の妻、そして城主夫人と出世をしていきますが、明るい気さくな性格は周りから好かれたそうで、また北政所になってもなお尾張弁が抜けなかったそうです。そのため夫婦の言い争いは、周りの者が聞いていても内容が良く分からず、さも喧嘩をしているように見えたとも伝わっています。

子供がいなかったねねさんですが、秀吉は次々に女に手を出して、長浜城主時代には男の子ができたようです。(初代)秀勝と呼ばれたこの子は早世してしまいますが、その少し前にねねさんは、主人である信長に「亭主の不義を訴える」文を送ります。それに対する信長の返書が、まことに優しさに溢れたものであったことは有名です。

北政所としてのねねさんは、まさに秀吉を裏で支える大黒柱で、淀の方との確執が色々伝えられますが、そのほとんどは後の作り話と言われます。秀吉の多くの側室は、ねねさんを主人として信頼し、秀吉亡き後の相談事にも親身にあたったようです。

さて、秀吉の死後は淀の方が大坂城に入りますが、これは遺言であったらしく、正室だったねねさんは自由な暮らしを選ぶことができましたので、京都に移り住みます。その出て行った西の丸に家康が入りますが、密約などはもちろんなかったでしょう。

高台院と呼ばれるようになったのは、関ヶ原の戦いから数年後で、家康が征夷大将軍に任命されたあとです。秀頼と千姫の婚礼を見届け、豊臣と徳川の蜜月を確認してから落飾したわけです。では、高台院となってからのことは次回に。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(64) | トップページ | 「朝礼は時間のムダ」という会社は破綻する »

「歴史と人間」ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63711096

この記事へのトラックバック一覧です: 従一位北政所というより「ねねさん」ですよね:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(64) | トップページ | 「朝礼は時間のムダ」という会社は破綻する »