« 常識とマナーのない方はお断りですよね | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(71) »

カラスの勝手に文句やグチを言わないの!

コンサルティングをしていて、いつの時代も相談の過半は「どうしたら売上げが上がるでしょうか」です。不思議なことに、景気停滞や下降の時はもちろんですが、景気の良い時でも同様の相談を受けます。

経済活動といっても、「経済」というものが勝手に動き回るわけではありません。人間が動いて、活動して生まれる結果が「経済」です。売上げという経済活動を取り上げれば、「売る」ということと「買う」という人間の行動があるわけです。

そんなこと当たり前じゃないか、その通りです。しかしその当たり前のことが、最大のカギなのですから。作り手や売り手、つまりメーカーや販売店が「売る」意識や意欲を持って活動Photo しても、お客様の方が買ってくれなければ、「買う」活動をしてくれなければ、物やサービスは売れないのです。

ところが売る側は勘違いをしてしまいます。これだけ良い商品、サービスを提供しているのだから、消費者は買ってくれるはずだという、大きな誤解です。どんなに品質や性能・効能が良いとしても、サービスがライバルを圧倒していても、お客様が買って下さるとは限りません。ここのところを間違ってしまうので、「どうして売れないんだ」という嘆きになります。

挙げ句の果てに、買ってくれない消費者が悪い!ナンテ言ってしまう、心の中でグチってしまうのです。消費者という言い方も、私に言わせれば良くないですよね。買っていただいたらもちろん、まだ買っていただいてなくても、すべて「お客様」でしょう。

さてその昔、こんな歌が大いに流行りましたね。「カ~ラ~ス、なぜ泣くの。カラスの勝手でしょう」。ドリフの『8時だよ、全員集合』で、志村けんが歌っていたあの歌です。そうなんです、買って下さるかどうかはお客様の勝手なんです。

売り手が売らんが為に、品質を上げ効能を目一杯付け、サービスやおまけもしっかりつけて、CMをがんがん流す。これもまた売り手の勝手でしょう。それに乗って買うのもお客様の勝手なら、買わないのもまた勝手なのですから。

世の中には売り手がいて買い手(お客様)がいる。そして、全てのお客様が買って下さるナンテこともなければ、全く一つも売れないということもまず考えられません。日本の人口1億2千万人の1%が買って下さっても、120万個というすごい数ですからね。

あなたのお客様はどのくらいですか? 少し冷静に考えて、そして買って下さるお客様のことを一所懸命考えて、手抜きをせずにやってやってやりぬくことです。もちろん、「金の品質・銀の価格」といった理念は貫きながらです。

それ以上に何か秘策がありますか? そうやって買って下さる一人一人のお客様を大事にしていくことが、売上げを確保し上げていく最良の戦術(手段・方法)です。

そして、同じ考え方で一緒に仕事のできる社員さんを、地道に育てて参りましょう。

« 常識とマナーのない方はお断りですよね | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(71) »

小さな会社のマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63818128

この記事へのトラックバック一覧です: カラスの勝手に文句やグチを言わないの!:

« 常識とマナーのない方はお断りですよね | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(71) »