« 厩戸王(聖徳太子)は蘇我系の皇族だった | トップページ | 新車がやって来ました »

MGの学びにはゴールがないから素敵だ

この週末土日は、東京で薬樹さん主催のMGセミナーに2年ぶりで参加しています。しかも、ここのところ引越やらなんやらで、MGへの参加も半年ぶりです。

今回は7卓41名のメンバー、その内薬樹さんグループの社員さんがほぼ半数です。社外の方は遠く九州や東北からも、かく言う私も新潟からの参加ですからね。ほとんどの方が体験者、それもベテランが多く、進行も早くて翌日に向けての経営計画が完了したのは夕方Img_2453 でした。

その分、交流会もたっぷり時間がとれるというわけですから、学びも一段と深まります。美味しいお酒をいただきながら、私も色んな方とMGや脳力開発について、お話しさせていただきました。

MGは「成績より期数、期数より交流」、そして交流を通じて向上を目指します。経営のシミュレーションゲームであり、経営や会計について学ぶという主旨はありますが、それだけではないというわけです。参加者それぞれのMG体験、あるいはMGを活用した経営体験に接することも学びの一つです。

私がMGに出会ったのは1987年の9月ですから、間もなく学び始めて29年です。なんでそんなに学び続けているの、とよく聞かれます。しかも、毎回毎回同じところからスタートし、同じことを繰り返すのです。ベテランであろうが、今日初めてMGを体験する人も、スタートラインは同じです。

私たちは「芋洗い」と呼んでいます。色んな形や大きさの芋があって、それが同じ器の中で揉まれ合いながら、やがてキチンとした丸い形に整っていく。なのに、5年間の経営が終わると、成績には大きな差が生まれる。ベテランの成績が必ず良くなるわけでもない、しかしちゃんと結果に差がつく。

なぜだろうと考えるところから、新たな学びが始まります。私とあの人とはどこが違うのだろうか、何が違ってけっかがこうなったのだろう。最初は分かりません、聞いたり考えたりしてその時々で答を得るのですが、それが正解とは限らない。

あるいは真似をしてみるのですが、うまくいくとは限りません。また悩み、また考え、また試してみる。私もそうやって29年間学び続けてきて、そして間違いなくこれからも続けていくでしょう。

しかも、今回の「戦略」はいつもとは少し角度を変えてみました。残り今日1日、さてどんな結果になって、どんな新たな気付きになるのか、とっても楽しみです。

« 厩戸王(聖徳太子)は蘇我系の皇族だった | トップページ | 新車がやって来ました »

VANちゃんのMG・脳開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63830870

この記事へのトラックバック一覧です: MGの学びにはゴールがないから素敵だ:

« 厩戸王(聖徳太子)は蘇我系の皇族だった | トップページ | 新車がやって来ました »