« 特急「しらゆき」越後路2時間の旅 | トップページ | 法定保存文書の保管スペースを小さく »

脳力開発は人間学であり行動科学です(58)

経済も経営も人間のなせること
 さて、歴史は人間の行動の記録であり、行動の結果として政治や経済が動くわけです。企業経営を左右する経済状況も、当然のことながら人間が作り出しているもので、それは経済学というジャンルの学問としても成立しています。いやぁ、経済学なんて私には難しくてとPhoto か、経済のことはさっぱり分かりませんとおっしゃる経営者も少なくありません。経済学などと大上段に構えると、確かにそうかも知れません。しかし、経済そのものはそれほど遠い存在ではありません。

 例えば、最近の業界の動向はどうですかとか、人材確保はできていますかとか、今後売上はどうなっていくでしょうかと聞けば、経営者の方からはちゃんと答が返ってきます。経済のことに詳しいじゃないですかというと、きょとんとした顔をされます。経営者の方が「私は経済のことなど分からない」とおっしゃるのは、学問的な経済学のことを頭に思い浮かべるからでしょう。経済学の書物に書いてある経済のことは、確かに素人には難しくて、普通の人には難解な代物でしょう。

 しかし経済とは人間の営み、つまり人間が行動して作り出した結果であるわけですから、決して難解なものでもないわけです。それを経済というと、マルクス主義経済学とか資本主義経済とか、あるいはケインズなどを思い浮かべるので遠い存在に感じるのです。学者先生の考えた経済の原理など、実際の経営の上でどれだけ役に立つでしょうか。それよりも、どうやったら社員とその家族を幸せにできるかとか、そのためには会社を進歩発展させなければと考え、実行していくことが第一だと思いますよね。

« 特急「しらゆき」越後路2時間の旅 | トップページ | 法定保存文書の保管スペースを小さく »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63602944

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です(58):

« 特急「しらゆき」越後路2時間の旅 | トップページ | 法定保存文書の保管スペースを小さく »