« 脳力開発は人間学であり行動科学です(44) | トップページ | 負けてゼロから復活した戦国武将がいた »

トキ鉄車両が長岡までやってきていた

今週の仕事遠征は4日間でしたが、最終日の午後は帰り道の移動、ようやく「青春18切符」を使う機会に恵まれました。

朝は青空だった神戸市も、昼前には雲が覆い始め、昼ごはんを終えてJR三ノ宮駅に着いた頃にはポツポツ雨粒が落ち始めていました。ところで駅名の三ノ宮は、近くにある三宮神社にちなむモノですが、JRだけが「ノ」が入っていて、阪神や阪急、地下鉄にポートライナーは「三宮」です。阪神と阪急は「神戸三宮」に改称されてもいます。

T_img_1903 地元では駅名を統一してほしいという要望を出しているようですが、三ノ宮が神戸市の中心駅なので、費用の問題はありますが改称するのがベターだと思います。ちなみに、西宮は要望を聞いて西ノ宮から既に改称済みです。

さて三ノ宮からまずは新快速、223系12両編成中敦賀への直通は前4両だけ(残り8両は途中の近江今津まで)です。新大阪駅は4本目のホーム移設も完了し、いよいよ外環状線(大阪外環状鉄道)の乗り入れ工事が本格化しそうです。開業は2年後くらいでしょうか。

琵琶湖を右に見る湖西線に入ると雨もしっかり降ってきました、残雪も見られなくなっていました。敦賀では521系2連の芦原温泉行きに乗り継ぎ、さらに武生で下車し、始発の金沢行きに乗り換えました。こちらも521系2連。さすがに夕方の金沢に近づくと混み始めました。

この先は3セクの連続、しかもそちらを乗り継いでいては長岡にたどり着けませんので、新幹線「はくたか」に上越妙高まで乗車。接続時間を利用して晩ごはん。

上越妙高から直江津へ、そして長岡行きに乗車。おやっと思ったら、車両はえちごトキめき鉄道のE127系、しかも6連、内4連は広告ラッピング車両です。長岡まで走り、折り返して柏崎行きになって柏崎で駐泊。翌朝妙高高原行きになるようです。

柏崎からトキ鉄直通があるのは知っていましたが、信越線内だけの運転、しかも長岡までやって来るとは知りませんでした。実際の乗車してみると分かることもありますね。というわけで、18切符の旅一つ目は無事に終了しました。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(44) | トップページ | 負けてゼロから復活した戦国武将がいた »

VANちゃんの乗り鉄旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63365734

この記事へのトラックバック一覧です: トキ鉄車両が長岡までやってきていた:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(44) | トップページ | 負けてゼロから復活した戦国武将がいた »