« 脳力開発は人間学であり行動科学です(45) | トップページ | 長岡MGスピリットは永遠を目指します »

政治は富めるものをますます太らすらしい

消費税増税の議論がうるさくなっています。それについては先日書きましたので、同じことをまた語ろうとは思いませんが、それらの議論がどうも選挙がらみというのがいただけませんし、イヤらしさを感じます。

給料が上がれば、少し消費税が上がっても大丈夫などという議員さんもいるようですが、あなたの議員報酬は何だか上がるようですが、国民の大多数は昇給の恩恵になどあずかれないのが現状ではないですか。

Photo 春闘で話題になっているのは大企業、97%を占める中小企業のことはそっちのけです。大企業の給料が上がれば波及効果で中小企業も・・・いったいどんな理論で、そんなことが起こるのでしょうか。

その大企業ですら、昨春に比べても上がり具合が鈍っていますね。ところが、大企業の保有している内部留保は60兆円とも70兆円とも言われています。そりゃあそうでしょう、この3月決算でもかなりの企業が最高益を更新しそうだというのですから。もっとも、その多くは為替差益だそうですが。

で、マイナス金利です。おかげで長期金利も下がり、設備投資や住宅建設が増えていくのではないかと。確かにこれまで躊躇していたところが、考えを前向きにしようとするかも知れませんが、急増すると思いますか? ましてや、企業は中長期の経営計画を基に経営しているのですから。

一般人にしても、実質賃金は下がっている(一部の大企業社員は別として)現状で、ようし家を建てよう、高額マンションを買おうとなりますでしょうか。

富めるものは益々富むようになるだけ、なのかも知れません。法人税減税と言いますが、中小企業特に零細企業にはあまり恩恵はありません。実際のところ、法人税の実質税率は大企業では既に10数%になっていて、多くの中小企業は25%を超えています。なのに、さらに大企業を優遇するのですか。

しかも、赤字の会社からも外形標準課税などでしっかりもぎ取ろうとしていますね。法人企業の大多数は中小企業。政治はどっちを向いている?

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(45) | トップページ | 長岡MGスピリットは永遠を目指します »

VANちゃん怒ってます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63384195

この記事へのトラックバック一覧です: 政治は富めるものをますます太らすらしい:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(45) | トップページ | 長岡MGスピリットは永遠を目指します »