« 戦国の女性は政略道具ではなかった | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(41) »

余所事ではない大地震に大津波

今日のブログ、実は一度書き終えたのですが、適当な挿入写真を探している間に、なぜかページが消えてしまいました。もしかしたら、書いた内容に対して、神様がクレームを付けてくれたのかも知れません。ちょっと他人心があったのかもと自省しながら、書き直しです。

Photo 書こうと思ったのは地震のことです。東日本大震災から間もなく5年、被災地の復興が計画通りには進んでいないこと、福島第1原発事故の後遺症は未だそのほとんどが解決していないこと、そして震災後は盛り上がったボランティア活動も今や細々状態であること等々。

でも、余りに第三者的に書いていたようです。誰かがやればいい、そんな人頼りの気持ちが心のどこかにあったのかも知れません。自分はもう歳を重ねて、支援の主人公にはなれないからと。それではいけませんね、だって「明日は我が身」かも知れませんから。

私自身、日本海中部地震、阪神大震災、中越地震と中越沖地震を身近に体験したのでした。妻もまた新潟地震に遭い、中越地震と中越沖地震では共に渦中にありました。渦中にあってさえ、5年10年と経過していくと記憶が過去のものになるのに、ましてや離れた地域にある人たちの記憶や意識が遠いものになっていても、それは当然のことなのでしょう。

第三者的にそれを嘆くことより、では自分は今なお何ができるのかを考え、実行し続けることの方が大事なことですね。そしてさらに、もし我が身に奇禍が降りかかった時どうするのかを、真剣に考えておくことでしょう。

地震も津波も他人事ではない、いつ起こっても不思議ではありません。心構えはもちろん、具体的な備えができていて、それは確実に役立ちますか。

非常持ち出し用品・食糧に水、最初の3日分くらいあれば、その後は救援が間に合う可能性が高い。そして避難経路や避難所を知っていて、自らの足で確認したか。周囲に、自分の助けの必要な人はいないのか。

余所事ではありません。今日にも襲いかかるかも知れないのですから。

« 戦国の女性は政略道具ではなかった | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(41) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63311171

この記事へのトラックバック一覧です: 余所事ではない大地震に大津波:

« 戦国の女性は政略道具ではなかった | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(41) »