« 脳力開発は人間学であり行動科学です(31) | トップページ | 脳力開発は新しい思考・行動の習慣づくりです »

100万の大軍を委ね、軍配をあずけたい

あの秀吉をして、「100万の大軍を委ね、軍配をあずけたい」と言わしめた戦国武将を、ご存じでしょうか。武田信玄? 上杉謙信? 徳川家康? 全てノーです。世に名将とも称えられる武将たちを押しのけて、秀吉に評価された武将のお話です。

Photo 大谷紀之介、その名を知らない方の方が多いでしょうね。関ヶ原の合戦で、東軍に身を投じた武将たちから「石治少、大刑少を滅ぼせ」と槍の目標とされ、東軍の先鋒を何度も押し返し、さらには裏切って西軍に攻め込んだ小早川軍をいったんは押し返した武将、大谷刑部少輔吉継がその人です。

所領は越前の国敦賀5万石、それだけの力量を持ちながら僅かな所領でしたが、これは吉継が業病(ハンセン氏病)に冒されていたからかも知れません。ただ関ヶ原には3千人の戦力を持って参加してますから、秀吉からあずけられた奉行地もあったのでしょう。それを合わせて15万石くらいを領していたと思われます。

石田三成が内務官僚としてその力を発揮したのに対し、吉継は武将としての経歴が主ですが、特筆すべき輝かしい戦歴は特にありません。むしろ、軍団整備や治世面で才を発揮していたようです。また、計数にも長けていたとも伝わっています。

さて、吉継は最初から石田三成に味方しようとしたわけではありません。秀吉の死以前から徳川家康とは親密な関係を築いていて、家康からも大いに信頼されていたようです。その証拠には、吉継が西軍に投じた話を聞いた家康はにわかに信じられず、また大いに動揺したと記してあります。

実際、吉継は上杉討伐軍に加わろうとして居城の敦賀を出立します。琵琶湖の東岸を南下して長浜から関ヶ原を経て垂井に差し掛かりましたが、その時に佐和山城から三成の使者がやって来て、立ち寄るように伝えます。

吉継は、三成の子息(石田重家)も同行させた方がいいと思い立って、佐和山に向かうことを承知しました。これが吉継の運命の分かれ道になりました。実際に、最初は三成の誘いを断り垂井に戻りますが、三度訪問して最終的に西軍参加を承諾しました。

それには理由があるのですが、それはまた次回に。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(31) | トップページ | 脳力開発は新しい思考・行動の習慣づくりです »

「歴史と人間」ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63159016

この記事へのトラックバック一覧です: 100万の大軍を委ね、軍配をあずけたい:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(31) | トップページ | 脳力開発は新しい思考・行動の習慣づくりです »