« MGの「どこの誰、なぜ来たか」はなぜ意味があるのか | トップページ | 東西線に乗ってきました »

光秀の本能寺急襲は「思いつき」だったのか

明智光秀の続きです。本能寺の乱が起こったのは天正10年6月2日未明、なお当時の本能寺は現在地よりもずっと南にあり、その規模もはるかに大きなものでした。

毛利と対峙している秀吉(当時は羽柴)の支援のため、あるいは西下していく信長の露払いの役目も担っていたのでしょうか、光秀は13000人の軍を率いて居城であった丹波亀山城=亀岡市=を出立します。この時点ですでに謀反を起こすつもりであったのかどうか、それこそ光秀自身に問うてみなければ分かりませんが、おそらくすでに何らかの決心をしていたと考えるべきでしょう。

Photo その光秀の立場が、どういうものであったかが論議の分かれ目となるわけですが、信長の家来でありつつも室町将軍家の家人であったことも事実で、かなり微妙な状況にあったと思われます。一節には後者の位置づけの方が大きく、その意味では信長とも同格であったとする考え方もあるようです。

いずれにしても、光秀軍は西国街道への道をそれて老いの坂に向かうことになりますが、この時点では当然に彼の心は決断し、斎藤利三以下重臣も決意のほどを知っていたと考えるべきでしょう。そして未明に桂川の西岸に達し、そこから川を渡って全軍が洛中の本能寺を目指して急襲します。

信長の長男信忠は、信長とは別に妙覚寺に2千足らずの軍を率いて宿泊していたわけですが、光秀はこれに対しての急襲軍、すなわち別働隊を送っていません。そのことから用意周到ではなかった、思いつきでの進軍だったと言われるのですが、おそらく信長を討ち果たせば信忠軍は問題ないと判断していたのでしょう。

実際、信長を滅ぼして後に、二条城に立て籠もった信忠軍を襲うのですが、これも難なく滅ぼしています。ここで問題なのは信忠が、時間的な余裕を持ちながらなぜ京から逃げなかったのかということです。信忠が無事であったなら、山崎の戦いはまた違う意味を持っていたかも知れず、軽挙であったという見方もできます。

いずれにしても、本能寺急襲は成功します。あとはまた次回に。

« MGの「どこの誰、なぜ来たか」はなぜ意味があるのか | トップページ | 東西線に乗ってきました »

「歴史と人間」ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63044920

この記事へのトラックバック一覧です: 光秀の本能寺急襲は「思いつき」だったのか:

« MGの「どこの誰、なぜ来たか」はなぜ意味があるのか | トップページ | 東西線に乗ってきました »