« 脳力開発は人間学であり行動科学です(29) | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(30) »

負けるべくして負けた勝家の賤ヶ岳

前回は、柴田勝家のお人好しぶりを書いてみましたが、しかしまたそれは人情に厚い、武士としての心を持っていた武将だとも言えましょう。そうでなければ、信長も「北陸方面軍」を委ねることはなかったはずですから。

しかし相手が悪かったですね、(羽柴)秀吉では。司馬遼太郎先生も、本能寺の変から清洲会議、そして賤ヶ岳に至る時代の秀吉のことを、「天下第一の悪人」と称しているくらいです。一方でまた、当時最大の幸運をつかむことのできた強運の持ち主とも言えましょう。天下を取るには運も必要なのです。

Photo では、勝家にはチャンスは無かったのでしょうか。万に一つも無かったとは言えません、それどころかお市の方を娶った勝家は信長の義弟でもあるわけですし、勝家が推していた信長の三男・信孝は織田家の跡取りとなった三法師(後の秀信)の後見人ですから。

しかも清洲会議では、三法師を後継者とする秀吉の主張を容れる代わりに、琵琶湖に面した長浜城を手に入れることに成功したのです。長浜からは大津を経て京都にも至近、信孝の居城岐阜にも僅かな距離です。しかも雪深い北ノ庄と違って、長浜なら冬でも豪雪に閉ざされることはありません。

自ら長浜城に入るか、もしくは猛将と言われた甥の佐久間玄蕃盛政を城主にすべきでした。ところが何を思ったか、もう1人の甥である勝豊を長浜に入れたのです。勝豊は勝家の養子ではありましたが、盛政をひいきする勝家に不満をもっていた上に、病弱でした。

秀吉は北ノ庄が雪に閉ざされるやいなや行動を起こし、大軍で長浜を囲みます。そして病故に気弱になっていた勝豊を甘い言葉で調略します。「人たらし」とも呼ばれた秀吉の、面目躍如といったところでしょうか。あっという間に、長浜城は秀吉の手に戻っていまいます。

こうなっては岐阜城の命運は尽きたと言えましょう。勝家の支援のない、また背後には信孝とは仲の悪かった兄信雄がいたわけですから。こうして岐阜城は陥落、信孝は人質を出して降伏します。しかし、春を待たずに勝家は出兵、こうして賤ヶ岳の戦いが起こるのです。

見事に「大悪人」秀吉が勝利しますが、勝機に勝つ手を打てなかった勝家のミスでした。

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(29) | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(30) »

「歴史と人間」ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/63133227

この記事へのトラックバック一覧です: 負けるべくして負けた勝家の賤ヶ岳:

« 脳力開発は人間学であり行動科学です(29) | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です(30) »