« 今年最後のビーラブ・CFMG | トップページ | ローカル電車が新幹線の高架線路に! »

脳力開発は人間学であり行動科学です⑲

 さて、いずれにしても人間は具体的な問題にぶつかると、変革か不変革(現状維持)かど201512 ちらかの行動に出ます。時に微妙に変化することはあっても、基本的な方向はどちらかに属するのです。自分自身もそのことを知っておく必要があります。発言や姿勢が積極的で、時には仲間たちと熱い議論を交わすからと言って、その戦略方向すなわち行動の基本方向が変革であるとは限りません。会社の会議でも積極的な意見を吐き、色んなアイディアを出す人が、自分では余り体を動かさないということも少なくないですね。

 自分でもどちらなのかが分かっていない人、あるいは勘違いをしている人もあるようです。第三者が見ているとよく分かるのですが、自分の行動を客観的に見つめる時間を持つことも必要です。脳力開発セミナーでは、そのためのチェックシートも準備しています。変革が必要と決める、言い換えれば変革という戦略が決まったら、あとはそれを達成するための戦術(手段・方法など)を決めれば良いのです。戦術の良し悪しを議論して、議論百出してまとまらないということがあるようですが、それは本末転倒です。

 戦術は良し悪しではなく、まず実行することが大事です。実行してみてうまくいけば良し、もしうまくいかなかったら、その困難な条件を取り除くか避けるかして、新しい手段・方法を見つければ良いのです。やってみなければ分からないと言って良いでしょう。失敗を恐れたり、失敗するのが怖いのでやることをためらう人がいますが、それは明らかに間違いです。失敗といいますが、見方を変えれば一歩前進と言えるかも知れません。何故なら、次の手段・方法の糸口を見つけられたわけですから。

« 今年最後のビーラブ・CFMG | トップページ | ローカル電車が新幹線の高架線路に! »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/62916116

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です⑲:

« 今年最後のビーラブ・CFMG | トップページ | ローカル電車が新幹線の高架線路に! »