« 専門誌の断捨離をボチボチ始めてます | トップページ | 私と阪急電車 そのかかわり史 »

脳力開発は人間学であり行動科学です⑭

次に「貼り紙」のことです。会社や工場、お店などを訪問することは多いのですが、多くの場 合貼り紙を目にします。経営理念や行動指針もありますが、月次目標とかスローガンが目5skatudou_2 立ちます。ポスター的なものも多いですね。内容を読んでみますと、もちろんいいことが書いてあるのですが、抽象的な表現が半数以上です。例えば「職場を美しくしましょう」とかいう感じですが、見てみると部屋の隅にゴミが落ちていたり、ホコリが溜まっています。
 おそらく5S活動などの一環で、整理整頓や清掃の徹底を目指しているのでしょうが、こういう抽象的なスローガンでは、社員たちは自分の価値観と感覚で動いてしまうでしょう。あるいは具体的に何をするか分からず、行動に結びついていかないこともあるようです。

 企業理念の中にも、抽象的な表現がかなり見られます。一例では「社会の役に立つ企業を目指す」というのがありましたが、何をしてどんな役に立とうとしているのでしょうか。社長は分かっているのでしょうが、社員には?? この社長はきっと、いつも具体的な実践行動を抜きにして、物事を何でも概念的に、抽象的にとらえることが習い性になっているような気がしました。時には、どこかで聞いたり本で見たエラい人の言葉を借りて、滔々と社員に語る社長もおられます。

 朝礼ではその経営理念を毎朝唱和しています。社員も暗記していますから、社長はそれで満足しているようです、「ウチの社員は理念をよく理解している」と。では実際行動はどうなの、できているの、と聞いてみたくなります。

« 専門誌の断捨離をボチボチ始めてます | トップページ | 私と阪急電車 そのかかわり史 »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/62803424

この記事へのトラックバック一覧です: 脳力開発は人間学であり行動科学です⑭:

« 専門誌の断捨離をボチボチ始めてます | トップページ | 私と阪急電車 そのかかわり史 »