« 夫婦別姓についての私感、もしかしたら期待 | トップページ | 信長は時代の最先端をいく独創家だったか »

想い出に残るプレゼント

昨日に続いて、今日もきれいな青空です。放射冷却で早朝は冷え込みましたが、これから気温が上がって小春日和の1日になるようです。最も明日からは初冬らしい雨がちの天候に変わるらしく、おトクは今日までですね。Img_1459

さて街中はすっかりクリスマスモード、大きな施設をはじめあちこちにクリスマスツリーが飾られています。我が家のマンションにも、エントランスに間もなく登場するようです。最近はLEDを多用した飾りが多く、闇にも栄える感じが高まっています。イルミネーションもLED全盛、個人宅のイルミもかなりの節電になるのでしょう。

さて、クリスマスといえばプレゼント、なかんずく昨年からは孫ちゃんへのプレゼントです。昨年は初めてのことで、それこそクリスマス前夜のギリギリまで探し回って大変でしたが、今年は孫ちゃんの好みも分かってきましたので、一つは早々と決めました。あともう一つもだいたい固まっているので、バタバタ慌てることもないでしょう。

来年くらいからは、孫ちゃんからのリクエストもあるかも知れませんね。もしかしたら「あれ買って!」といった叫びも聞かれるかなと、じぃじ(グランパと呼ばせたいけどムリかな)とばぁばは話し合っています。鉄ファンのじぃじとしては、そろそろプラレールかと狙っているのですがねぇ。

それにしても、昨今は孫の『財布』はたくさんあるようで、良いのか悪いのか。思い起こせば私など、クリスマスプレゼントはもらった記憶がありません。12月生まれなので、誕生日プレゼントでクリスマスも併合されましたし、そもそも60年くらい前はクリスマスといって騒ぐことも余りなかったですから。

誕生日にもらった積み木で、ふすまの敷居を線路に擬して電車遊びをし、そして小学生の時にプレゼントされたHOゲージの電気機関車。これが私の「鉄の道」を決定づけました。さて我が孫ちゃんはいかがなりますか。

« 夫婦別姓についての私感、もしかしたら期待 | トップページ | 信長は時代の最先端をいく独創家だったか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/62835672

この記事へのトラックバック一覧です: 想い出に残るプレゼント:

« 夫婦別姓についての私感、もしかしたら期待 | トップページ | 信長は時代の最先端をいく独創家だったか »