« マイナンバーが届きました | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です⑤ »

キャッシュフローMGこれからの開催予定

バナナの叩き売りをご存じですよね。発祥の地は北九州の門司港とも言われていますが、ある意味「究極の現金商売」だと言えます。昨日からの在庫はないので、朝現金を持って仕入に行きます。仕入れてきたバナナを売ったら現金を受け取りますが、朝持って出た金額を上回るとあとは利益です。上回る瞬間が「損益分岐点」ですね。その後は、値下げしていっても大丈夫で、最後は在庫を残さぬ為に「ただで持ってけ!」でいいのです。

ところが多くの商売では、売ってもすぐには現金が手元に入りません。いったんは「売掛T_img_9843 金」という科目になるわけです。そして請求書を送ってから集金に伺うと、支払ってもらえますが、これが集金です。でも全額払ってもらえるかどうかは分かりません、払ってもらえなかった残りが売掛金残高です。

また全額集金できても、約束手形で払う得意先があるかも知れません。こうなると「売掛金」が「受取手形」に科目が変わるだけ、現金になるのは手形の期日ですから、かなり先の話です。しかも、本当にその日に現金が受け取れるのかどうか、約束はされているものの確定しているわけでもありません。

そんなことなどを経営ゲームで学ぶのが、キャッシュフローMG(CFMG)です。通常のMGが現金のみの売り買いに対し、売りも買い(仕入)も原則掛けです。ですから集金をしなければ現金は手元に入らず、一方で掛けで買った物は必ず現金で決済しなければなりません。そんなキャッシュの動きを、実際的に感じて学ぶのがCFMGの面白さです。

現実の経営に近いとも言えますが、それだけではなく、例えば判断や意思決定の幅が広がることも体感できるでしょう。そんなCFMGの今後の開催予定をお知らせします。

(2015年)
 ・12月21-22日 神戸ビーラブ
(2016年)
 ・1月13-14日 東京LR小川会計
 ・2月11-12日 神戸サヌキ(すでに満席)
 ・4月16-17日 神戸ビーラブ

ぜひ、機会を作って実体験的に学び、経営の現場に活かして下さい。

« マイナンバーが届きました | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です⑤ »

VANちゃんセミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/62600172

この記事へのトラックバック一覧です: キャッシュフローMGこれからの開催予定:

« マイナンバーが届きました | トップページ | 脳力開発は人間学であり行動科学です⑤ »