« 笑いが幸せを呼んでくれる実践を | トップページ | 小学校低学年が一番いじめが多いって!? »

来年も『マンダラ手帳』を使います

本日、来年用の手帳がアマゾンから届いた。例年通り、来年も『マンダラ手帳』を使う。ずっと使い続けて、もう10数年になるはずだ。この手帳とマンダラチャート帳が、常に私の仕事T_img_1185 のお供である。

実はスケジュールの管理には、手帳だけを使っているのではない。iPhoneでのカレンダー(グーグルカレンダー連動)も使っているし、PCではマイツールで自作している日程管理表も、合わせて使っている。言ってみれば、二重三重の管理をしていることになる。

その中でのマンダラ手帳の役割は、第一にメモ帳代わりだ。打合せや電話でのやりとりで、スケジュールをチェックしたりするにはこれが便利だ。細かい仕事・タスクの納期管理にも重宝している。スケジュールについては、3年間の書き込みが可能だし、月間予定表、週間予定表では時間管理も可能だ。

手帳に書いた予定が確定したら、iPhoneのカレンダーに入力する。ただし、こちらはセミナーやコンサル先訪問などの行事予定が中心で、宿泊先の予定はマップとの連動で、道に迷わないようにしている。また、移動の際の列車やバス、飛行機などについても、細かくスケジュール入力をしている。手帳にはそこまで書かない。

マイツールの日程管理は、専ら日記代わりになっている。予定ももちろん転載の形で入力しているが、むしろ結果を書き込むようにしている。細かい内容、仕事の中身や打合せ結果などもできるだけ書き込んでおく、つまりは備忘録だ。よって、手帳は1、2年保存したら捨てている。

さて、来月に入ったら早速に、新しい手帳への転載を初めて、仕事にも携行開始だな。

« 笑いが幸せを呼んでくれる実践を | トップページ | 小学校低学年が一番いじめが多いって!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/62553825

この記事へのトラックバック一覧です: 来年も『マンダラ手帳』を使います:

« 笑いが幸せを呼んでくれる実践を | トップページ | 小学校低学年が一番いじめが多いって!? »