« うみねこMGワンデー | トップページ | 旅の楽しみにも色々ある »

城野宏さんの人生

 脳力開発・情勢判断学の提唱者、城野宏さんは1913年生まれ、1985年の12月に東京で亡くなりますが、評論家あるいは教育者として日本で活躍されたのは、1964年からの僅か20年余りでした。何故なら、その人生の多くを中国大陸で過ごされたからでした。

 1938年に大学(東京帝国大学)を卒業された城野さんは、野村合名会社に就職されますが、すぐに徴兵されて陸軍少尉として中国大陸に送られます。そして敗戦時まで山西省の省政府顧問補佐官(中尉)を務められました。さらにその後は、「祖国復興・山西独立」をスローガンに毛沢東の人民解放軍と3年余り戦い、1949年に降伏して捕虜となり禁固18年の判決を受けて投獄されます。

0_2

 そして1964年に至って恩赦で釈放され、『最後の戦犯』として帰国されたのです。ですから20歳代後半からの26年間を大陸の、しかも牢獄の中で過ごされたわけです。しかし帰国早々に中国関連の著書を出版されるなど、人並み外れた活躍をされ、政財界に大きな影響を与えられました。

 一時期は、安岡正篤さんや中村天風さんと並んで「三賢人」とも称されたそうですが、城野さんはそう呼ばれたり、他のお二人と比較されるのを嫌われたそうです。また、脳力開発というタイトルの著書の最初は、1977年刊行の『脳力開発のすすめ』ですが、その以前から講演や論文の中で使われており、また戦略や戦術という言葉を、ビジネスや成人教育の中で用いられる嚆矢だったとも話されておられました。

 すでに鬼籍に入られて30年になりますが、その教えあるいは将来日本への警鐘は、今現在にもズバリ当てはまるものであり、むしろ混迷する現在だからこそ、ますます輝いています。ぜひ、城野さんの教えに学び示唆を受けて、時代を生き抜 いていく強い土台意識を築いていきたいものです。共に学んで参りましょう。

« うみねこMGワンデー | トップページ | 旅の楽しみにも色々ある »

VANちゃんの脳力開発ミニ講座」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/62401828

この記事へのトラックバック一覧です: 城野宏さんの人生:

« うみねこMGワンデー | トップページ | 旅の楽しみにも色々ある »