« 東京五輪・51年前と5年後 | トップページ | 明日から「脳力開発ミニ講座」を連載します »

ヒーローになったらあかんのか!?

三連休の2日目は朝から雨になっている越後長岡、秋の野外行事を予定されている人たちは大変かな。今のところは小雨なので、無事に終わりますように祈っております。
T_img_1076
さて、昨日だったかな、あるテレビ番組でこういうことがありました。子供たちのサッカーゲームで、「一度得点したプレーヤーは、次からの得点を入れられない」というルールを作ったのだと。シュートに成功した子供は、紅白帽を赤にして区別するのだそうです。なるほど、こうすればシュート機会が回ってくるチャンスが増えますし、一度得点した子供はアシストに徹することになるでしょう。

一見いいなと思いましたが、なぜか違和感が襲いました。これって、徒競走で並んで(手をつないで)ゴールするとか、学芸会の主役が複数人数いるのと同根じゃないの!? これじゃあ「運動会の英雄」とか、「学芸会のヒロイン」は生まれないなぁ。

やっぱりおかしい。ルールは子供たちが話し合って決めたとか言ってましたが、先生たちはそれに対してどういうアクションをしたのでしょう。子供たちを温かく見守っていたわけかな。それとも「それはいいね」とけしかけたのでしょうか。気になりますねぇ。

競争はダメだと教えられた子供が、どういう成長をしていくのか、大きくなってからどういう感覚を身につけるのか。一方で相変わらずの受験競争があり、この相反する環境の中でいびつに成長しない方がおかしい。そう思いませんか?
(写真は本文と無関係です)

« 東京五輪・51年前と5年後 | トップページ | 明日から「脳力開発ミニ講座」を連載します »

VANちゃん怒ってます」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/62451835

この記事へのトラックバック一覧です: ヒーローになったらあかんのか!?:

« 東京五輪・51年前と5年後 | トップページ | 明日から「脳力開発ミニ講座」を連載します »