« ピンチ条件(外的因子)がチャンスに | トップページ | まず戦略を決めること »

名古屋・脳力開発セミナー

名古屋での脳力開発セミナー開催は今回で4回目です。2回目からは、MG仲間である鍋清さんの会議室(セミナールーム)をお借りして開催しています。

今回は6名(2日目は5名)の少人数参加ですが、 「10回は続ける」が当初の目標でしたので、人数の多寡は問題ではありません。むしろ少人数であれば精鋭化するではないですが、今回もじっくりと対話しながらプログラムを進めることができて良かったです。

VAN研・脳力開発セミナーは、ご案内にも書いていますが、城野宏先生(1913-1985)の脳力開発・情勢判断学を基本ベースにして、 私の経営体験や経営指導体験を加味してアレンジした、人材づくりプログラムです。

よって人材教育だけにとどまらず、行動学や人間学の側面を色濃く出すようにしています。逆に、脳科学や精神科学、心理学の分野については常識的で普遍的な事実だけを伝えています。

基本は2日間約15時間のプログラムですが、初日は講義と演習、そして自己点検がメインです。自己点検は、自分を客観的に見つめる時間です。日常の中ではなかなかできない、ある意味では自分との対話の時間ともいえます。

演習としては、最近はもっぱらフィンランドメソッドカルタと戦略マンダラを活用しています。どちらも源流の考え方は同じなのですが、2日目のケーススタ ディ・バズセッションについては、マンダラを使っていただくようにしています。

というわけで、今回のセミナーでも2日目のセッションが始まっています。

« ピンチ条件(外的因子)がチャンスに | トップページ | まず戦略を決めること »

VANちゃんセミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/51913284

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋・脳力開発セミナー:

« ピンチ条件(外的因子)がチャンスに | トップページ | まず戦略を決めること »