« 朝礼、その5つの効用 | トップページ | 思い込みやとらわれについて »

行動には情況判断が不可欠

今週末の土日は、脳力開発・東京セミナーを開催します。東京では毎年2回、今年はこの5月と11月に研修・コンサルティング仲間と共同で開催する予定です。
※脳力開発・東京セミナー/青山通りの国連大学隣、東京ウィメンズプラザで開催

脳力開発セミナーと名のつく研修は、例えばネットで検索するといくつもヒットいたします。それぞれに特色があり、狙いがあって私自身も一度受講してみたいと思うような、興味深い「脳力開発」があります。

それはそれとして、私が主催(共催)させていただいている「脳力開発セミナー」は、1985年12月に亡くなられた城野宏先生の思想、脳力開発・情勢判断学をベースとしたもので、そこに私の経営体験や実践体験からの体験知識を盛り込んだセミナーです。

うっかり行動力がアップしてしまう」セミナーという別名をつけていますが、陽明学に言うところの知行合一にも通じる面にポイントをおいています。

ところで行動するために大事なことは情況判断です。「自分は今、どうすればよいか、どう動けばいいか」を判断することが情況判断、あるいは脳力開発でいう ところの情勢判断ですが、忘れてはいけないことがあります。

それは戦略、すなわち最初に定めた目標・目的をしっかり見据えて、いかなる状況の変化の中でもそこから目を離さないことです。逆に戦略を確立しないままに情況判断をすると、かえって身動きがつかなくなってしまうのです。また、誤った情況判断に基づく行動は戦略を台無しにします。

かつての日本陸軍『作戦用務令』にも、「指揮官はその指揮を適切ならしめるため、たえず状況を判断しあるを要す」とあります。脳力開発セミナーでさらに詳しく学んでみませんか。

■脳力開発・名古屋セミナー
http://www2.atpages.jp/vanken/PDF11/201106nagoyank.pdf

« 朝礼、その5つの効用 | トップページ | 思い込みやとらわれについて »

VANちゃんセミナー」カテゴリの記事

コメント

陽明学、いいですね。

朱子学、ダメですね。

陽明学こそ、Peer to Peer社会である現代に、ぴったりです。

上から目線の朱子学は、不要です。

状況判断は、極めて大切なことですが、多くの日本人は、行動が伴わないので、悲しからずや、機能しておりません。

知識は十分持っているのですから、その知識の検証も兼ねて、行動しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/51711766

この記事へのトラックバック一覧です: 行動には情況判断が不可欠 :

« 朝礼、その5つの効用 | トップページ | 思い込みやとらわれについて »