無料ブログはココログ

« 脳力開発・東京セミナーは5/21-22 | トップページ | 経済は循環している血液 »

2011年4月19日 (火)

【続・企業の収益構造を見極める】

今日は1日雨でしたが、ようやく回復して空も明るくなってきました。越後長岡の桜は今が満開、気温が下がってきたのでもうしばらく保ちそうです。まだ雪が残っている御山の方は、今週末が満開になるようです。

ところで、古代日本で『花』というのは梅の花だそうですね。桜が花の代表になったのはかなり歴史が下って、江戸時代も後半になってからのようです。

日本三名園ってありますね。金沢の兼六園、岡山の後楽園、そして水戸の偕楽園ですが、これは「雪月花」に因んでいるそうです。すなわち兼六園は雪の季節に、後楽園は秋の満月に、偕楽園は花の咲く時が美しいと。この『花』は当然に梅の花です。

桜が梅にとって変わったのは、武士の台頭と関わりがあるとも言われています。冬枯れからいきなり花が咲き、やがて散り染めと共に緑の葉が茂ってくる。冬には枯れ葉を落とす、花も葉も潔しというところが武士の心に響いたのでしょう。

さて本日は、宇野Proさんのマトリックス通信をお届けします。
http://archive.mag2.com/0000158409/index.html

今回はとくに労働分配率に着目しています。くれぐれも売上高人件費率ではありません。企業指導の専門家の方は、後者の数字をチェックして「経費、とくに人件費を圧縮するように」と指導されることが多いようです。

私たちは、労働分配率の方に着目します。こちらは、粗利益(売上高総利益)に対する人件費の割合です。売上高をベースにした比率はダメで、目を向けるなら粗利益をベースにした比率の方です。

売上高は役に立たない、これが真理です。

« 脳力開発・東京セミナーは5/21-22 | トップページ | 経済は循環している血液 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【続・企業の収益構造を見極める】:

« 脳力開発・東京セミナーは5/21-22 | トップページ | 経済は循環している血液 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28