無料ブログはココログ

« 芋洗い研修受講 | トップページ | KKDDでは立ちゆかない »

2011年1月24日 (月)

利益管理と資金管理とは別物

利益が出ているのに金庫の中にはお金がない、銀行の預金通帳も底が見えてきた、といったような嘆きをされたことはありませんか? あるいはまた、決算で利益が出て税金を払おうとしたら、お金がなくて銀行から借金をしたという経験なども。

経営の神様とも称されるあの稲盛和夫さんですら、若き創業時代には同じことを体験し、経理部長に「なぜカネがないのか」と詰め寄ったそうです。

私なども決算書のBSを見て、右下にある「別途積立金」の項目を見て、「この積立金というのはどこの銀行に預けてあるんだろう」などと真面目な顔をして質問したものでありました。

21年前に実際の会社経営を任された時にも、おカネすなわちキャッシュには苦労したものです。色んなところに頭を下げ、ない知恵を絞って月末を乗り切ったことは、ある意味ではよい体験にもなりました。

そしてMGを通じて学びました、利益と資金とは違うということを。よって、利益管理と資金管理とは別物であるのに、利益管理だけにしか目が向いていない企業が多いということにも気付かされました。あなたの会社はどうでしょうか?

好況で消費生活に活気がある、あるいはバブルの時のように金回りがよい時には、余り気を遣わなくても資金が回っていたのかも知れませんが、今はそういう時代ではありません。

上手な資金管理はどうしたらよいのか、おカネで苦労しないためにはどうしたらよいのか、それは社長一人が、あるいは経理や財務担当者だけが考える問題ではありません。会社全体で、一人一人がその役割の中で考えて行動しなければならないのです。

今後も少しずつお話ししてまいりましょう。

« 芋洗い研修受講 | トップページ | KKDDでは立ちゆかない »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利益管理と資金管理とは別物:

« 芋洗い研修受講 | トップページ | KKDDでは立ちゆかない »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28