無料ブログはココログ

« あれから16年 | トップページ | うっかり行動力がアップしてしまうセミナー »

2011年1月18日 (火)

移動平均・移動年計

経営コンサルティングの話です。

かつて私が経営を任されていた会社は、(売上の)季節変動が非常に大きな会社でした。例えば、例年3月の売上は8月のそれの30倍前後にもなりました。そこまで極端ではないものの、季節変動のある会社も多いことでしょう。

こういう会社を、月々の数字で前期や前々期と単純に比較することはなかなか困難です。

また、季節的な要素でなくても、特需などがあったり逆に大きな落ち込みなどがあると、比較対照することが難しくなったり、意味をなさないことがあります。

変動が大きくなければ実績値を比較対照して、増減の原因を探っていくことは容易ですが、さらに良い方法があります。それが移動平均、あるいは移動年計を使う方法です。かつての私の会社は、常にこの方法で管理し傾向を把握していました。

移動年計は、12ヶ月の実績合計を連続計算していきます。すなわち、その年の1~12月の合計値をとり、次に2~翌1月、3~翌2月というように合計値を順にとっていき、それをグラフ化すると傾向が一目で分かります。

移動平均値は移動年計を12で割った数字です。

もっとも私の使っているソフト(マイツール)では、先に移動平均(MAV)が求められ、それに12をかけて移動年計を出します。

さらには12ヶ月単位だけではなく24ヶ月単位の数値も求め、この二つのグラフを重ね合わせると、もっと正確なる傾向を見つけることができます。私が前社に赴任した際の最初の経営分析も、この方法でした。

あなたの会社の経営分析も、移動平均・移動年計でやってみませんか?

« あれから16年 | トップページ | うっかり行動力がアップしてしまうセミナー »

コメント

てっぺいさん。

最近はエクセルでもできるようになりましたし、例えばTKCのプログラムにも盛り込まれていると聞いています。

でも、MAV(そしてグラフ)をやるにはMTが一番です。誰でも簡単にできるということについては、これに勝るものはありません。何しろタダなんですからね。

移動年系は本当にびっくらこきました。これを知っているか知らないか?で経営の安全度はまるで変わってきますよね。ウチは経営に完全に行き詰まりをみせていたので、これを教えてもらったから生き延びたといえます。あぶね!ギリギリセーフ!

そしてこういうもの凄い技術をブログで無料で発信することって果てしないチカラがあると思います。ありがとうございます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動平均・移動年計:

« あれから16年 | トップページ | うっかり行動力がアップしてしまうセミナー »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28