無料ブログはココログ

« 新年ご挨拶 | トップページ | 駅伝に学ぶ戦略と戦術 »

2011年1月 3日 (月)

駅伝に学ぶ企業人財づくり

正月3日、今年は暦の関係でなんとなく年末年始の休みが短い感じですね。年末ギリギリまで仕事をして、明日からもう仕事始めという方も多いのではないで しょうか。

今年も昨日今日は、箱根駅伝に釘付けでした。その昔、私自身も高校駅伝を(ちっとも強い学校ではありませんでしたが)走った体験がありますので、毎年この日は胸が躍り血が沸きます。

そして今年は早稲田大が逃げ切り優勝、出雲と伊勢路を合わせて学生三冠を達成、おめでとうございました。2位の東洋大は初日5区の山の神・柏原が健在、し かし山下りの6区から早稲田大にかわされ、追い込みも実らずでした。

でも、何年か前までは毎年シード権が取れるか取れないかの冷や冷やでしたので、 この3年間は柏原の存在はあるとはいえ、一人の力だけでは勝てないというのは、例えば残念ながら最下位に沈んだ日本大がいみじくも証明してくれました。

そして激烈だったのはシード権争い。最後の最後まで目が離せず、そしてわずか2秒差で涙を呑んだ城西大。最後にコースを間違いながらギリギリ滑り込んだ國學院大、正に薄紙の明暗分けでしたね。

たとえが正しいかどうかは分かりませんが、企業活動も駅伝に通じるところがあります。スーパーマンが一人いても、またどんなに有能な人材を揃えたとしても勝ち抜けないのです。一人一人が役割を自覚してその勤めを果たし、総合力で勝つのでしょう。

スーパーマンを養成するのが教育ではなく、しっかりした戦略を持ち、その戦略達成への役割を知り役割を完遂していける人間をつくること、そこにチームワークという味付けを加えることが教育の目指すところと確信します。

2011年、企業人財づくりのヒントは駅伝にあり。そんな強い思いをベースとして、企業人財づくりのお手伝いをさせていただきます。

« 新年ご挨拶 | トップページ | 駅伝に学ぶ戦略と戦術 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅伝に学ぶ企業人財づくり:

« 新年ご挨拶 | トップページ | 駅伝に学ぶ戦略と戦術 »

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28