« いよいよ盛岡セミナーへ | トップページ | MQを稼ぎ出す、ということ »

変化への対応力は生まれながらの力

冬将軍がやってきました、第一弾ですが。

先週末には20度前後あった気温が、昨日は10度がやっと、今朝は6度くらいですから体もなかなかついていきませんね。昨日も慌てて外出用にセーターを引っ張りだしました。

急激な温度の変化は体調にも悪いそうです、何でも「ヒート ショック現象」というのだそうで、この夏でも少し話題になりました。冬も特に要注意だということです。

幸いまだ冬が居座る季節まではもう少しあるようですので、ゆっくりと体調を整えていきましょう。人間の体にはちゃんと気候・自然現象に合わせる対応力が備わっていますから。

ところが、これが社会現象となるとなかなか合わせられなくてオタオタしている姿もまた、人間なんですね。寒くなると自分でストーブを出したり、セーターやコートを着込むのに、社会変化に対しては他人や国家に頼ってしまうようです。

対応力を付けることが大事だとどんなところでも言われるわけですが、 これには安直な答はありません。セミナーや講演会で「良い話」を聞いて、それがすぐ自分の対応力になるわけでもありません。

そう、自ら考え自ら動かなければダメなんですよ。そして人間は、動く力を生まれながらに持っているということなんです。『脳力開発』でじっくり学んでみませんか。脳力開発セミナーについて詳しくは下記のホームページをご覧下さい。
http://www2.atpages.jp/vanken/index

« いよいよ盛岡セミナーへ | トップページ | MQを稼ぎ出す、ということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/49860263

この記事へのトラックバック一覧です: 変化への対応力は生まれながらの力:

« いよいよ盛岡セミナーへ | トップページ | MQを稼ぎ出す、ということ »