« 「決算書がわかるということ」とは? | トップページ | 脳力開発・博多セミナー10月 »

脳の『In-Out-残』

脳力のお話です。

脳はどんな働きをしますか? あるいは脳は何をするところですか? こんな質問をしますと、多くの方は「考えることで す」とお答えになります。そうですね、確かに思考は脳の機能には間違いありませんが、それだけでしょうか。

私は「脳の『In-Out- 残』」で考えています。すなわち、脳は身体全体で得られた情報(見聞きしたことや刺激など)を集めて、分析・判断し、それを元に身体の隅々に行動命令(指 令)を発信しているのです。

残は「記憶」あるいは「体験知識の集積」です。脳力とは、この『In-Out-残』全体を指すものといってい いでしょう。

ですから、行動しないということは脳からの命令が出ていないわけで、行動のないところに本当の思考はなく、また思考のないと ころに意義ある行動はないと言えます。

脳力開発セミナーで、脳の『In-Out-残』機能全体を鍛えていきましょう。
10月は博多と盛岡で開講します。詳細はホームページからご覧下さい。
http://www2.atpages.jp/vanken/index

« 「決算書がわかるということ」とは? | トップページ | 脳力開発・博多セミナー10月 »

VANちゃんセミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/49371194

この記事へのトラックバック一覧です: 脳の『In-Out-残』:

« 「決算書がわかるということ」とは? | トップページ | 脳力開発・博多セミナー10月 »