« 今の考え方では八百屋の経営も難しい | トップページ | 「のうりょく」開発とは »

街中ビアガーデンに想うこと

28日土曜日夜の長岡、街中のメインストリート・大手通を特別ホコテンにしたイベント、「大ゆかたまつり」と題した街中ビアガーデンが初開催されました。

大手通商店 街連合会の企画で、街中を活性化しようという戦略の一環です。2012年1月には新しいシティホール(市役所)が駅前にできますが、ショッピングゾーンが どんどん郊外に移っているのが昨今の長岡の街。

駅前や大手通周辺はデパートや大型店がどんどん撤退してしまい、代わりに学習塾がたくさん進出して、 私が住み始めた20年前とは姿が大きく変わりました。地方都市ではどこにでもある情況が、長岡でも起こっているわけです

1千人動員の目標に対して、昨夜は3千人くらいの人出(私もその中の1人)だったようですが、今後は魅力のある店や公共の場づくり、大がかりなイベントだけでなく日常気軽に参加できる 教室や講習会、セミナーなどが行われる必要を感じました。

VAN研も、これからビジネスマンだけでなく市民も参加していただける、プチセ ミナーみたいな企画を考えていこうかな。テーマは「歴史と人間学」がいいか、そのためにももっともっと体験知識を増やしていかねばですね。

« 今の考え方では八百屋の経営も難しい | トップページ | 「のうりょく」開発とは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/49288852

この記事へのトラックバック一覧です: 街中ビアガーデンに想うこと:

« 今の考え方では八百屋の経営も難しい | トップページ | 「のうりょく」開発とは »