« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

社長にとって、なぜマトリックス会計なのか?

今日は(昨夜から)久々の雨でした。幸いに越後長岡ではゲリラ豪雨にはならず、時折り強く降る程度で、昨日までのカンカン照りに音を上げていた草木には潤いの雨になったかも。

もっとも、気温は30度をやや下回ったものの、雨が降った分湿度が上がって蒸し暑さは相変わらずでした。明日はまた気温も元に戻ってくるらしいので、不快指数も上がりそうですね。

気温が25度を超えるようだと、野外の運動には十分気を付けた方が良いそうです。実際の体感温度は、表示気温よりも3-4度、カンカン照りの時にはさらに数度上昇するようですから注意しなければ。

さて、宇野Proさんのマトリックス通信をお届けします。
 http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2010/07/post_21.html

マトリックス会計を学ぶには、MGを体験することから始めましょう。
8月の長岡MG、定員まで余すところあと数名になりました。
 http://www2.atpages.jp/vanken/PDF10/201008nagaokamg.pdf

まだまだ続く夏、「暑い暑い」と嘆かずに、笑顔の明元素で乗り切っていきましょう。

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます・・・って歌がありましたね。当時私も大ファンだった、キャンディーズのヒット曲です。

それにしても連日の猛暑、今夏は梅雨明け宣言が出たとたんにがらりと季節の様相が変わりました。でも「日照りの年は豊作」と言いますからね、今秋は美味しいお米が食べられますよ。そういえば、昨日の車窓から見た魚沼の田んぼは青々と輝いていました。

そんなわけで、改めまして暑中お見舞い申し上げます。

暑い暑いと繰り返しても、涼しくなるわけではありません!と言われましてもネェ。やっぱり、口を出てくるのは「暑いですねぇ」というご挨拶。良いじゃないですか、その内冬が来て夏が恋しくなるのですから、今の内に叫んでおきましょう。

越後長岡は、今度の日曜日から長岡まつりです。その8/1は、1945年に長岡大空襲があり、1500名近い犠牲が出たその日。お祭はその鎮魂です。そして2日3日の大花火は鎮魂と同時に、元気を取り戻そうというメッセージでした。

今年も正三尺玉が、そしてフェニックス花火、天地人花火が夜空を彩ってくれることでしょう。

逆転の発想2・なぜ今、マトリックス会計なのか?

連日暑いですね、今日は暦の上では『大暑』だそうですし。昨日よりは雲が多めで、しかも入道雲ですから一雨来てくれるかもしれませんが。

昨日は東京トンボ返りで、朝から夕方まで缶詰研修でした。中小企業応援センターのコーディネーター研修、冷房の効きすぎた部屋でしたので、上着を持って行って良かったなと感じました。

それにしても都内は炎熱の世界ですね。まるで「陶板焼き」の具材になっている気分でした。それに比べれば越後長岡はまだ少しマシなのでしょうけど。

では、今日は宇野Proさんのマトリックス通信をお届けします。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2010/07/post_20.html

マトリックス会計を学ぼうと思われる皆さま、長岡MGにぜひお越し下さい。
ご案内はこちらから。
http://www2.atpages.jp/vanken/PDF10/201008nagaokamg.pdf

暑中見舞いを兼ねてセミナーPR

暑中お見舞い申し上げます。

先週末の梅雨明けから連日の猛暑、熱中症にはどうぞお気を付け下さい。

長岡では8/1からの 「長岡まつり」を前に、街中の飾り付けが本格化して、そろそろ祭り気分が盛り上がってきました。そして8/2-3の夜は長岡大花火、こちらも桟敷の準備が 急ピッチです。

急ピッチと言えば、脳力開発・広島セミナー(8/7-8)まで半月余り、そして長岡MG(8/21-22)開催まではあと 1ヶ月。どちらも既に多くの参加申込みをいただき感謝ですが、あともう少しPRをしていきます。

さらには、脳力開発・大阪セミ ナー(9/11-12)の案内発送も、今週末には済ませたいと考えて準備を進めているところです。 

 ●脳力開発・広島セミナー
    http://www2.atpages.jp/vanken/PDF10/201008hiroshima_nk.pdf
 ●長岡MG
    http://www2.atpages.jp/vanken/PDF10/201008nagaokamg.pdf
 ●脳力開発・大阪セミ ナー
   http://www2.atpages.jp/vanken/PDF10/201009oosakank.pdf

暑 い暑いと座り込んではおられませんね。

戦略なき首相をいただく国民の不幸

驚きのニュースだった。

菅内閣から国家戦略室がなくなるのだという。名前や組織(当然縮小だろう)は残るが、首相に助言するだけの機関になるのだそうだ。一時は「国家戦略局」への格上げも囁かれていたのに、どうしたことか。

格上げのための法案を作っても通せる見込がないから、だって。あきれてしまった、これほど民主党内閣がひどいものとは・・・

スタート前はそれなりに期待していたのだが、馬脚はすぐに現れた。戦略がないので、あらゆる問題で前後左右に揺れまくり、思いつき発言が相次いだ。それでも国家戦略室がやがて機能して、戦略が打ち出されるのだろうと思っていたのだが。

お見事!すべてが裏切られた。がっかりだ。

戦略がないから「消費税論」も暴走するし、昨日と今日で発言の中身が変わる。一事が万事と言って良い、これからもブレ続けるだろう。

そしてついに、微かな期待の燃え残りが消えた。

こんな戦略のない首相と内閣をいただく国民は不幸だ。もっとも、さらに残念なことには、それに代わる政党も政治家も、すなわちホントに国家戦略を持っている誰をも見いだせないことだ。

憂鬱は続く。

逆転の発想・なぜ今、マトリックス会計なのか!

8月の長岡MG(西先生)まで1ヶ月余り、先週から関西遠征に出かけている間に各地からFAX申込をいただき、現在4卓24名に達しています。初参加の方の名前も見て、嬉しいですね。

仮予約や口頭での参加表明もいただいていますので、定員(6卓36名)も見えてきました、ありがたいことです。まだ地元(長岡周辺)の動きが鈍いので、これからもうちょっとしっかりPRをしていこうと思っています。

長岡MGのご案内はこちらからダウンロードできます。
http://www2.atpages.jp/vanken/PDF10/201008nagaokamg.pdf
またホームページからの直接お申込も可能です。
http://www2.atpages.jp/vanken/index

さて、MGで学べる1つに『マトリックス(MX)会計』があります。これは行列会計を、MGの開発者・西順一郎さんがMG決算用に導入したもの。そして実務の中での活用ももちろん可能です。

マトリックス通信の宇野Proさんが、実務用のソフトを開発・販売されています。では、その宇野Proさんのマトリックス通信をお届けします。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2010/07/post_19.html

ぜひ、皆さんもMGを学び、企業にMX会計を導入してみられませんか。

税理士は本当に先生でいいのですか?

先週木曜日夜から大阪そして神戸に遠征してきています。ちょうど梅雨時末期の雨に出遭っていますが、幸いにスケジュール通りに進んでこれました。

先週末3日間はMGシニア、昨日が神戸MT教室と、関西のMG仲間と楽しくも深い学びの時間を過ごしてきました。MGシニアでは、参加した16名の中でいつしか最長老。22年前の初参加の時には、若い方から数えられたのですが。

でも、いつになっても新たな学びや気付きがあるのが嬉しいですね。

さて、宇野Proさんのマトリックス通信です。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2010/07/post_18.html

8月の長岡MGの案内も掲載していただきました、ありがとうございます。

その長岡MG、留守にしている間にたくさんのお申込FAXをいただいたようです。戻ってから明日にはチェックをして、確認書を送らせていただきます。仮予約を含めるとすでに20数名に達したようで、まだ1ヶ月以上前ですが残席10名くらいになりました。

お早めにお申し込みをお待ちしております。

今日から「なにわMGシニア」

MGシニア・セミナー、つまりインストラクターコースに初めて参加したのは、1988年の7月で会場は当時の舞子ヴィラ(神戸市)でした。

その前年9月にMGと出会い、当時在籍していた会社で社内研修『インスト』候補として指名され、まだ30期に満たない中でのシニア初受講でした。

それまでのMGジュニアコースでは味わえない、そして知ることのできない内容と交流の深さに、身震いを覚えたモノです。それまでは漠然と「50期やれば」とか、「100期やれば」MGのなんたるかが分かり、そして現場での活用も自由自在だと思っていました。

ところが、いかにMGの真髄(というよりも経営の真髄)が深いモノか、そして経営は人間学・人間哲学だということに気付かされてしまいました。

MGとは、ハウツウや戦術を学ぶモノではない。人と出会い、人との縁を拡げていく、それは現場の仕事の中でも同じ次元のことだと教えていただきました。

今日から、なにわMGシニア・セミナー3日間です。シニアへの参加は2年ぶりですが、関西での開講は多分20年ぶりくらいになるでしょう。私も当地でのシニア受講は、上記の舞子ヴィラ以来です。

じっくり学び、交流を深めてきます。

脳力開発セミナー・東北開催決定

今年の七夕、もう少し晴れ間が早く広がってくれたら、織姫・彦星のデートを垣間見れたのかも知れませんし、1時間早めに目が覚めたら夜明け前の天の川を見られたかな。

今日は梅雨の中休み、朝から晴れ上がっています。ちょっと蒸し暑いですが、晴れていると気分も良いですね。

さて、2010年も後半戦に入りました。今年の脳力開発セミナーも、前週土日の名古屋が終了し、来月は初開催の広島セミナーです。
(ご案内はこちらから)
 http://www2.atpages.jp/vanken/PDF10/201008hiroshima_nk.pdf

広島以降の予定も年内は決定しております。
  ・9/11-12 大阪/社会福祉指導センター
  ・10/2-3 博多/休暇村志賀島
  ・11/20-21 東京

さらに、昨年は準備が整わず開催できなかった「東北脳開」についても、今年は盛岡市での開催を決定いたしました。

日程は10/30-31の土日です。会場は盛岡市内にある岩手県産業会館。今年を第1回に、これから毎年継続していけたらと考えています。

東北ではもちろん初めての脳力開発セミナーとなります。ちょっと北寄りではありますが、東北各県のご縁ある皆さま、どうぞ奮ってご参加下さい。

グループ会社全社の資金繰り表を作る

梅雨のうっとうしい天気に加えて、各地でゲリラ豪雨。越後でも、山沿いの地域でかなりの雨だったようです。

思い出されるのが6年前の「7.13豪雨」です。この時には、長岡の郊外でも、またお隣の中之島町(現在は長岡市)や見附市、三条市で大きな被害がありました。また、その被害の癒えない中で「中越大震災」が発生したのです。

今年がそういう年にならないことを祈っております。

さて、本日は宇野Proさんのマトリックス通信をお届けします。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2010/07/post_17.html

グループ会社の連結資金繰り表作成、これは内部取引が当然にありますのでなかなか面倒です。BS/PLでも、私自身も連結決算の仕組み作りで苦労しました。CFはなおさら大変だなと思いましたね。

In-Out-残をキチンと把握しているか、資金のストックとフォローを完璧にとらえるのがまず先決です。そのためには正しい会計を、MGを通じて学ぶことでしょう。

名古屋脳開終わりました

7月3-4日、名古屋市内で今年の脳力開発セミナーを開講しました。

名古屋では一昨年からスタートして3回目、昨年は都合でワンデーセミナーでしたが、今年はツーデーのフルセミナーに戻しました。

参加者は13名、その内女性がお一人でした。比較的若い方が多く、感想文では自己点検チェックへの書き込みが目立っていました。

2日目は恒例のケースメソッド・バズセッション、4-5名の3グループでの活発な議論で、ユニークなプレゼンになりました。

まとめの講義、歴史と人間学では秀吉の「中国大返し」を取り上げてみました。当初予定では信長の「桶狭間」だったのですが、秀吉タイプの方が多かったので急遽変更でした。せっかくセミナー前日に現地を確認しに行ったのですが(笑)。

さて、次の脳力開発セミナーは8/7-8の広島セミナーです。
http://www2.atpages.jp/vanken/PDF10/201008hiroshima_nk.pdf

皆さまのご参加をお待ちしています。

飯山線の旅

昨日2日は、長岡から名古屋への遠征。

通常であれば新幹線で東京へ、そしてまた新幹線で名古屋へというのが一般的なコースですし、時間も4時間足らずで着くことができます。

でも最短距離はと言うと、実はもっとも時間のかかるコースなんですね。それが飯山線経由。飯山線は(新潟側から言うと)、上越線の越後川口から信濃川を遡って、信越線の豊野に至る超ローカル線。

信濃川も、県境を越えると千曲川と名前が変わります。その川に沿って河岸段丘をのんびりは知るのが飯山線。長岡から途中2回の乗換で長野まで3時間半。つまり、同じ時間に新幹線に乗れば、長野で乗り継ぐ特急が出発する頃に名古屋に着いてしまうという時間。

長岡T_img_2130発の飯山線直通十日町行きは、写真のディーゼルカー1両。途中で高校生が降りてしまうと乗客は10人くらいになってしまいます。

沿線は豪雪地帯、長野県に入った森宮野原駅には、昭和20年に記録した「国鉄最高積雪7m85cm」という標柱も立っています。ちなみにこの駅、森は長野県栄村の集落名、宮野原は川を挟んだ新潟県側津南町の集落名です。

のんびりと非日常の旅を楽しみました。

今日から7月

1年の半分が過ぎて後半戦に突入しました。

正確にいうと1月から6月末までで182日間だから、今日7/1の正午でちょうど半分ということになりますね。いずれにしても折り返し点です。

「ああ、もう1年の半分も過ぎ去ってしまったのか」と思うのか、それとも「まだ1年の半分もあるのか、ようし」と思うのか、あなたはどちらでしょうか。

いうまでもなく過ぎ去った結果を変えることはできません。

しかし、『1年の計』とやらで立てた年間目標に対して、どこまできたかなと点検することは大いに必要なことです。既にできたこともあるでしょうし、できていないことや途中経過のこともたくさんあるはずです。

大事なことは、できたこともできていないことも、両方ともにその『原因』をしっかりつかむことです。

では2010年後半戦も明元素で参りましょう。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »