« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

「笑顔のつどい」まで1週間

来週月曜日の夜に、表題の「笑顔のつどい」を開催します。

正式には、長岡市倫理法人会主催の特別イブニングセミナーなんですが、ゲスト講師に私の『笑顔の先生』をお迎えします。

笑顔共和国大統領の大統領、福田純子さんに20余年前に出会ったおかげで、私は「笑顔が良いですね」と言われる人生への入口に出会えました。

●笑顔共和国についてはこちらのホームページを
  http://www.egao-kyowakoku.co.jp/

その「恩人」を長岡にお迎えできるのは嬉しいことです。イブニングセミナーは無料の講演会、できるだけたくさんの方にお声を掛けて、純子大統領の素晴らしいお話を聞いていただきたいと思っています。

目指せ!100人イブニング!!

  1.と き  7月5日(月) 18:30~20:00
  2.ところ  長岡グランドホテル 4F 蒼柴の間
  3.講 師  福田純子さん(笑顔共和国大統領)
  4.テーマ  「笑顔で生きる -すべてがうまくいくたったひとつの法則-」
  5.その他  講演会は無料。懇親会は2千円。

いま、熱い税理士!

越後長岡は3日連続の梅雨の晴れ間が続いています。もっとも、今日は昼前からは天気が下り坂、夜を待たずに雨が降り出すという予報です。

雨が降ると元気になるのが紫陽花の花。もっともあの花のように見えるのは萼Ajisai(がく)で、本当の花はあの中にひっそりとしているんだそうですね。萼の美しさに誘われた虫がやってきて、受粉するのだとか。

花言葉は「移り気」だとか「浮気」ナンテのがあるようですが、「女性の元気」というのもあるそうです。古くからある花で、平安の頃から紫陽花の名で呼ばれるようになったとか。

雨の季節はあんまり歓迎されませんが、時には美しく咲き誇る紫陽花の花を眺めて気持ちを落ち着かせましょう。

では本日は、宇野Proさんのマトリックス通信です。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2010/06/post_15.html

私も経営コンサルタントの端くれで、数社のサポートをさせていただいている他に、にいがた中小企業支援センターでコーディネーターとして、小規模企業などからの相談に対応しています。

指導するという意識はありません。というのも、私自身かつて経営者でしたから、その時に自社の経営のことなら自分が一番良く知っていると自負していましたから。

でも、経営者が気付かないことや、視点から外れていることもあるのです。また時には、ちょっとだけ背中を押してあげることや逆に袖を引いてあげることも必要です。ですからコンサルティングではなく、サポートだと最初からお断りしています。

来週もサポートしている企業、そして相談対応予定の会社に足を運びます。どんな可能性を引き出すお手伝いができるか、楽しみなところです。

やったぜ!NIPPON

ワールドカップ南アフリカ大会、予選リーグ突破をかけたデンマーク戦、見事に3-1での勝利でした。引き分け以上で良しという条件でしたが、常に攻撃的、前向きでした。

必ず勝つ!勝って決勝トーナメントに駒を進める、という気魄がありました。

今回の大会は波乱も多いですね、前回優勝・準優勝のイタリアとフランスが予選敗退。有力国も決して楽には勝たせてもらえないという感じです。

だからこそチャンスも合って面白い。

次のパラグアイ戦も期待します。相手は格上かも知れませんが、事前計算だけではない要素が大きく作用しそうですから。

和と氣、それこそがサムライブルーの身上です。

8月長岡MG開催

長岡MGは毎年8月、お盆明けの開催です。今年は8/21-22となっております。

会場が、昨年までのアクアーレ長岡から長岡市立劇場に代わります。温泉宿泊が残念ながらなくなりましたが、JR長岡駅からは近く(バスで10分)なります。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

■長岡MG2010

 1.と き  2010年8月21日(土)10:00~19:00
               ~22日(日)9:00~17:00

 2.ところ  長岡市立劇場大会議室 0258-33-2211  http://www.nagaoka-caf.or.jp/
           (JR長岡駅からバス10分・市役所前下車歩2分)

 3.講 師  西順一郎 先生

 4.参加費  3.3万円/(西研MG初回の方3.8万円)  ※初日夜の交流会費込み

 5.お申込  ヴァンガード経営研究所 TEL) 090-3333-4211 FAX)0258-33-5031

 6.宿 泊  長岡駅前のH.ルートイン長岡駅前をご手配します
 7.前夜祭  8/20 18時半より長岡駅前で開催します

こちらのHPからも直接お申込可能です。http://www2.atpages.jp/vanken/index
ご案内もHPからPDFでダウンロードできます。

税理士にどちらの対応を望みますか?

サッカー・ワールドカップが盛り上がっていますね。時差の関係で放映が夜や夜中にかかるので、いささか寝不足の方も多いのでしょう。

先日のカメルーン戦、23時の放映開始に合わせてTVのスイッチは入れましたが、いつも23時前には寝ている私には無理でした。というわけですぐにレム睡眠状態に。結局、勝利の報も結果VTRも翌朝早くに観ることになりました。

次は明日夜のオランダ戦ですか、あまりに強豪ですが、その方がかえって良いという見方もあるのです。つまり、ちょっと背伸びすると届きそうな目標よりは、思いっきりジャンプしても届くかどうか分からない目標の方がやりがいがある。

あるいは、5%売上を上げるとか10%経費を下げろと言われるよりも、売上を倍にしようとか経費を半減しようと言った方が、これまでの延長ではなく思い切った手が打てるということなのです。

そういうことを企業経営者に教えてくれるのは誰ですか? 顧問税理士さんでしょうか、中にはかなり高い報酬を払って経営コンサルタント(会社)としている契約している企業も知っています。

それこそ、経費節減するならその報酬を削ったら?と言いたくもなります。月々1万円の勉強会費用を削っても、相変わらず二次会のスナックへ行ったり毎週ゴルフに行く経営者をよく見かけます。

それこそ戦略がない経営者ですね。民主党の『戦略のなさ』を批判する前に、自分自身の戦略がないことにもっと思いを馳せなければ。

ということで、今日の宇野Proさんのマトリックス通信はすごいタイトルですね。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2010/06/post_14.html

7月/脳力開発・名古屋セミナー

脳力開発は城野宏先生(1985年没)が提唱された、脳力開発と情勢判断学をベースにした、行動力向上セミナーです。

名古屋セミナーは毎 年1回夏前の開催、今回で第3回になります。

名古屋方面の皆さま、ぜひこの機会に城野哲学・情勢判断学に触れてみませんか。そして行動の 革新から戦略経営を目指して参りましょう。

■脳力開発・名古屋セミナー

 1.と き  2010年7月3日~4日(土 日)
         ☆両日とも9:30~17:00

 2.ところ  鍋清第2ビル<光清> 052-321-9568
          (中区上前津2丁目・地下鉄上前津駅から歩5分)

 3.講 師  ヴァンガード経営研究所所長 板東秀行
 4. 参加費  2万円(資料代・昼食代とも)
           ※他にテキスト代1千円

 5.お申込  ヴァンガード経営研究所  
           TEL) 090-3333-4211 FAX)0258-33-5031

こちらのHPからも直接お申 込可能です。
 http://www2.atpages.jp/vanken/index

定員は20名で、現在お申込は13名 (残席7)です。

8月開催・脳力開発広島セミナー

広島では初めての、VAN研脳力開発セミナー開催です。

「西研MGを学ぶ会広島」さんとの共催、ご協力で開催できることになりました。8月の7-8日ですので、ちょうど原爆記念日の翌日からになります。

■脳力開発・広島セミナー

 1.と き  2010年8月7日~8日(土日) ☆両日とも9:30~17:00
 2.ところ  神田山荘 http://www.hiroins-net.ne.jp/kurkanda/top.html        
 3.講 師  ヴァンガード経営研究所代表 板東秀行
 4.参加費  2万円(資料代・昼食代とも) ※他にテキスト代1千円
 5.お申込  西研MGを学ぶ会広島・事務局 [担当・河村さん]
           tel 082-545-7457 fax 082-545-7459

詳しいご案内はこちらからダウンロードできます。
http://www2.atpages.jp/vanken/PDF10/201008hiroshima_nk.pdf

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

資金繰りを科学する

資金繰りについて、キチッと科学的に管理されている企業は、中小企業とりわけ小規模企業に於いては稀だといえます。

創業の相談を受けることも多いのですが、事業計画として売上・経費・利益くらいはそれなりに立てておられるのですが、資金計画までちゃんと書いてこられる方はほとんどありません。

もちろん、創業時に手元に資金がいくらあって、それでは足りないから金融機関でお金を借りたり、創業支援の助成金などを申請したいとかは考えておられます。でも、手元資金以外は「見込」あるいは「希望」に過ぎません。

設備や初期在庫を賄える手元資金があればともかく、それが無い場合が多いのです。また、創業してからの売上計画にしても、これまたあくまで「見込」です。

どこまで見込んで資金計画を作っていくのか、もう少しキチンと資金繰りというものを学んでいただきたいものです。

企業は赤字でも、債務超過は別としてもそうはカンタンに倒産しません。しかし、どんなに黒字であってもお金の流れが途絶えたら、その瞬間にダメになります。

今回、宇野Proさんのマトリックス通信はそこにメスを入れています。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2010/06/post_12.html

今年のブルーリボン賞

鉄道友の会に入っています。「鉄道ファン」としては物心ついてから50年くらいになりますが、友の会の会員になってからはまだ数年です。

その鉄道友の会が毎年、前年登場の鉄道車両から会員投票で選出するのが、「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」です。私も先月ハガキで投票させていただきました。

一昨日の9日に最終決定が発表されて、「ブルーリボン賞」にはJR東日本の新NEX・259系車両が、そして「ローレル賞」には近鉄の22600系特急車両が選ばれました。まずは順当なところでしょうか。E259_m

259系は、これまでのNEX・253系に代わる「空港特急」ですが、多くの改善がなされたほかに、全座席にAC電源が付いたり車内での無線LANが使えるようになったりと、かなりサービスも向上しました。

成田空港を利用することが余りないので乗る機会はほとんど無いでしょうね。ちなみに淘汰される253系の内、3両×2編成は長野電鉄に譲渡されて、来春から長野-湯田中間の特急に使用されるそうです。

MAV分析

MAVとは移動平均分析のことです。季節変動の大きな会社には特に有効ですが、どんな会社についても会社の現状・傾向を知ることに使うことができます。

12ヶ月分または24ヶ月分を順次累計して、12または24で割れば月次の移動平均値が求められます。それを12倍したものが移動年計値です。

また12ヶ月のものを短期移動平均値、24ヶ月のものを長期(または中期)移動平均値と称しています。通常はこの2つの値をとってグラフ化します。

全社のグラフが後者を上昇して追い越していくポイントを『ゴールデンクロス』、その逆に下降して追い越していくポイントを『デッドクロス』と言います。

これを20年余前に私に教えて下さった、天野榮夫先生がこの春、4月26日に亡くなられました。もう教えを乞うことができないというのは、とっても残念なことです。心からご冥福をお祈りいたします。

ちなみに、このMAV分析データとグラフ作成、マイツール(MT)を使うと簡単にできます。

来春学卒採用選考MG研修

学卒者の採用試験にMGを使う、今回がその2回目でした。
10060502
採用試験といっても最終選考です。面接と筆記・性格試験を経て絞られたメンバーから、最終決定をするためにMGを活用するのです。

1日、朝9時から夕方5時まで一緒に研修することで、これまで見えなかった本質が垣間見えます。またゲームや決算に向かう姿勢をじっくり観察することもできますし、組織の中での姿勢なども見えるでしょう。

現場の中堅社員も参加していますから、より厳しい眼で判断ができます。なにより、「自分たちと一緒に仕事をする」仲間を選ぶのですから、彼らも一所懸命です。

前回4月は9名、そして今回は4名の精鋭の中から、さらに厳選された人材が選ばれることでしょう。残念ながらそこから漏れた学生さんにも、このMGはきっとよい体験になると確信しています。

資金繰りを科学する

今週は良い天気が続いています。気温も初夏らしい陽気になり、昨日の越後長岡は25度を超える夏日になりました。

そんな中で今日から東京遠征です。明日明後日は都内企業で人材研修、初日は来年度採用試験を兼ねた中堅社員研修(MG)。2日目は今春入社社員のPC教室です。

では、今日は宇野Proさんのマトリックス通信・最新版をお届けします。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2010/06/post_12.html

内容は、タイトルの通り資金繰りについての基礎レクチャーです。この資金繰りを分かっていない経営者が、大変多いのはコンサルタントをやっていて痛感することです。

資金すなわち現金の流れは、人間に例えれば血液の流れ。それが止まったり詰まったりしたら命に関わるように、企業生命の基礎になるものです。大企業も、中小零細企業でも、個人事業でも同じ事です。

私は独立前に経営を任されていた会社で、16年あまりずっと資金繰りを中心に経営計画を立ててきました。もちろん直接法での計画づくりです。現在の指導コンサルも、これを原則にしています。

皆さんの会社、血液はサラサラで淀みなく流れていますか?

関西でMT教室がスタートした

6月1日に、神戸市内(板宿)でとある勉強会がスタートしました。その名は「MT(マイツール)教室」です。MTはフリーウェアですが、日本人それもローカル経営者がつくった、日本人のためのデータベースソフトです。

参加者は14名、MGの仲間とそしてネット通販の仲間。中には両方にまたがっている方もいらっしゃいます。みんな前向きで元気な仲間。

朝の10時から夕方の5時まで、昼食をはさんで和気藹々、終始笑顔の絶えない勉強会でした。次回は7月、3回目が9月。その間に、大阪でもミニ「やじOA」も定期開催されるとのこと。MT活用人間、企業が増えていくことを期待しています。

勉強会後の交流会も、大いに盛り上がりました。

今日は創業記念日

ヴァンガード経営研究所(VAN研)は、2年前の2008年6月1日に創業(開業)しました。

その年の3/31で、1976年から丸33年間お世話になった会社を退社して独立を決意、すでに実際の活動は10年以上前から、VAN研の名前での活動は4月からスタートさせていましたが、正式に開業したのが今日です。

開業届は、娘の誕生日に合わせて6月6日に提出しました。

おかげさまで、丸2年当初に描いた戦略目標にほぼ近い形で、ここまでくることができました。家族はもちろん、いろいろな方にご支援いただいたことに心から感謝申し上げます。

今日から3年目がスタート、その最初の仕事は神戸MT教室です。これも、大阪・神戸のMG仲間から声を掛けていただいて実現することになりました。大阪は生まれ故郷、神戸は大学時代を過ごした町ですので、ここで仕事をさせていただくご縁を感じます。

次の目標は丸5年での法人化。その一歩を今日から歩み出します。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »