無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

VAN研(ヴァンガード経営研究所)

フォト

« 5月「えちごMG」セミナーご案内 | トップページ | 企業研修会に思う »

「トクする経営現場智慧塾」セミナー提案

経営者って、「会計」をあんまり勉強しないですよね。経営をしていく上で必要な基礎知識だと認識していても、「貸方」「借方」と聞いただけで虫酸が走る方もいらっしゃるようです。

経営者対象のセミナーを開催してもタイトルが「会計」セミナーだと、肝心の経営者の方があんまり参加してはくれないで、経理部門の部課長とか担当者が主に参加されます。それでいて全く同じような内容でも、タイトルが「金儲け」セミナーだと経営者が顔を出してこられます。

経営者は「会計」には余り興味がないようです。せいぜい決算書つまり財務諸表や月次の試算表が読めればいい、くらいに考えられているようです。しかし、実際にそれらが 正しく読まれているでしょうか。いや、ちゃんと経営に活用されているでしょうか。

そもそも、財務諸表や月次の試算表、あるいは税理士事務所などが提供されている経営分析表は、実際に経営の役に立っているのでしょうか。

私の目から見れば、乏しいけれど10数年の経営者体験からいうと、ほとんど役に立っていないと感じるのです。とりわけ月次試算表などが、翌月の後半になら ないと経営者の手元に届かない会社では。

なぜ、決算書・財務諸表や月次の試算表が余り実際の経営の役に立たないのでしょうか。

それは会計データという『情報』が、インフォーメーション、さらにはインテリジェンスのレベルになっていないからです。無機質の数字の並びに過ぎないからです。そこに経営者は、自ら生命を吹き込んでやらないといけないのです。企業戦略という生命を。

そのやり方を学べる方法の1つがMGです。経営シミュレーションゲームを通じて生きた経営を学ぶ。また実際にその1年の経営を、自分の手で決算をしてみることで、少しずつ本質を身に付けていくのです。

一朝一夕にはいきません。1回のMGセミナー参加だけで身に付くはずもありませんが、まずは「役に立ちそうだ」と感じていただくことが大事です。しかし忙しい経営者は、なかなか2日間のMGセミナーに足が向きません。

そこで、その気付きをお届けするのが「トクする経営現場智慧塾」です。ワンデーMGで少しゲーム体験をし、経営現場に役立つ「会計」のポイント・エキス を学んでいただきます。

「トクする経営現場智慧塾」は、1日8時間(昼休憩1時間含む)のセミナーです。5名以上(最大30名)、企業、グループ・サークル、団体での研修としてお 勧めいたします。

お問い合わせは、ヴァンガード経営研究所まで。
●ホームページ  http://www2.atpages.jp/vanken/index

« 5月「えちごMG」セミナーご案内 | トップページ | 企業研修会に思う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/47817542

この記事へのトラックバック一覧です: 「トクする経営現場智慧塾」セミナー提案 :

« 5月「えちごMG」セミナーご案内 | トップページ | 企業研修会に思う »