« ある税理士の本音 | トップページ | 調査官1人の税務調査は憲法違反? »

戦国武将に学ぶ現状打破の行動学

今週月曜日に行われた柏崎での企業合同研修会、午前の部の3時間でお話しした講演テーマが「戦国武将に学ぶ現状打破の行動学」でした。

これまでにも、脳力開発セミナーなどで織田信長や豊臣秀吉をテーマに取り上げ、断片的にお話をすることはありましたが、徳川家康や明智光秀を含めて、その強み・弱みを比較検証しながらお話しするのは初めてのことでした。

3時間講演、正味2時間半ですが、中心となる部分は約90分。これを脳力開発セミナーのカリキュラムの中に盛り込むことができないか、考えています。しかも、演習というかチェックシート的なものをセットして。

これまでも、まとめの講義として「歴史に学ぶ人間学」と題して、上記のように信長の桶狭間の戦いなどを取り上げてきました。

今度は、3(4)人の天下人の危機対応や行動を取り上げて、脳力開発の「精神的姿勢」を学ぶカリキュラムとドッキングできないかと考えています。たとえば他人頼りでなく自力で逆風を克服した事例、あるいは現状打破の行動を取り上げます。

まずは、3月(27-28日)の大阪セミナーで使える形に仕上げていきます。レジメや脳力開発・点検確認チェックシートも、追加補訂(一部削除)を行います。総枚数は増えるかも分かりませんね。

何事も早め、早めに進めていきます。仕上がり目標は2月末の予定、申告準備資料ができ次第取りかかります。

« ある税理士の本音 | トップページ | 調査官1人の税務調査は憲法違反? »

VANちゃんセミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/47346525

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国武将に学ぶ現状打破の行動学:

« ある税理士の本音 | トップページ | 調査官1人の税務調査は憲法違反? »