« 5年前の記憶から | トップページ | 2010年セミナー予定 »

MUGの秋季セミナー

先週の土曜日、新潟でMUGの秋季セミナーが開催された。

MUGというのは、マイツール・ユーザーズ・グループのこと。マイツール(MT)という日本人製のデータベースソフトが誕生して、今年で25年になるそうだが、私もすでに使い始めて22年目を迎える。

文科系のキカイ音痴、PCの操作技術が苦手な私などには、また中年を過ぎてキーボードに触るのが苦手という年代には、MTというソフトは非常に使えるソフトなのだ。

日本人が、それも経営者が「自分が仕事で思い通りに使える」PCがほしい、ということで出来上がったソフトだから。しかも、コマンド主義のデータベースソフトなので、表計算やワープロはもちろん、どんなことでもやれるのだ。

そのMUGも90年代には全国各地にあったが、MTのフリーウェア化以降は解散してしまったところも少なくない。そんな中、新潟のMUG新潟亀の会は、今でも活動を続けていて、毎年秋に秋季セミナーを開催している。

今年は新潟市内で、講師に福田正道さんを招いて、講師を含めて13名が集まった。MTを毎日使っているというレベルから、インストールはしてあるがというレベルまで様々。

そのMTをより便利に、簡単に使うための「便利ツール」を色々と紹介いただいた。全員がPC持参なので、同時並行で自分のマシンにインストールしていく。つまり、もうすぐにも活用できると言うことだ。

さらに、エクセルの機能である「ピボットテーブル」についてもレクチャーをいただいた。福田さんに言わせると、ピボットテーブルはMTそのものだというのだ。なるほど実際使ってみるとうなづける。

面白いのは、この機能が本来のエクセルユーザーには余り使われていないと言うことだ。その理由も分かった。つまりデータベース主義で、しかもページ主義なのだ。これはMTの根本主義そのものだ。

コマンド主義でないところがMTユーザーには抵抗があるかも知れないが、それは操作技術の慣れでしかない。使える機能は積極的に活かして使うべきだ。

企業指導についても、これまではMTを使わせるようにしてきたが、やはりそれらの企業の社員たちにはいくらか抵抗があった。とくに若い人たちは学校でエクセルを使っているケースが多いので、これからはピボットテーブルを活用していこうと思う。

早速、今週末の指導企業から使ってみるかな、試しに。

« 5年前の記憶から | トップページ | 2010年セミナー予定 »

VANちゃんセミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107188/46586359

この記事へのトラックバック一覧です: MUGの秋季セミナー:

« 5年前の記憶から | トップページ | 2010年セミナー予定 »