« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

戦略MQ会計の本を出します!(その2)

今日の午後から日曜日まで東京です。

研修仲間の会社の社員研修、しかもPC(マイツール)活用教室です。今回をスタートに、12月と1月の3回シリーズ研修の予定です。友人のMさんがよく言っていますが、「操作技術よりも利用技術が大切」をテーマにやっていきます。

今日は少し早めに行って、会社見学をさせていただきます。工場も事務所もじっくり見せていただいて、明日からの研修の中に現場活用できる活用・利用技術を盛り込んでいこうと思っています。

テキストなどはまだ初回分のみ、12月の2回目分は、初回のリアクションやメンバーの習熟度を見極めてからです。

さて、本日は宇野Proさんのマトリックス通信です。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2009/10/post_227.html

心待ちにしている新刊書ですが、さていつ発刊になるのでしょうか。

そういえば、MG仲間のAIちゃんの新刊書が今日30日に発売になります。

タイトルは「お葬式の雑学」、全国津々浦々で異なる“お葬式のしきたりや風習”にスポットを当て、“雑学”という切り口で、ライトタッチにまとめたものです。新書版ですので、ぜひお買い求め下さい。

2010年セミナー予定

今年もあと2ヶ月ちょっと、ただ今は来年の計画づくりにいそしんでいるところです。

戦略とはスケジュールを決めること、ということで公開セミナー日程を固めつつあります。既に決定済のところもありますが、まずは春までのセミナー会場確保を済ませました。

4月までの日程は確定、5月以降はこれから会場確保なので未定のものがありますが、ほぼ次のようなスケジュールで開催を考えています。

【脳力開発セミナー】

 ・3/27-28 大阪セミナー
 ・4/10-11 久留米セミナー
 ・5/22-23 東京セミナー
 ・6/12     長岡セミナー(ワンデー)
 ・7/10-11 名古屋セミナー
 ・9月       博多セミナー
 ・10月      東京セミナー(ワンデー)
 ・11月      大阪セミナー(ワンデー)

【MG・企業財務塾】

 ・2/6-7   RS大阪MG
 ・3/6      企業財務塾長岡教室
 ・5/8-9   えちごMG
 ・6/26-27 わたらせMG
 ・7月       企業財務塾
 ・8/21-22 長岡MG(西先生)
 ・10/2-3  RS大阪MG
 ・12/18-19 わたらせMG

上記のほか、脳力開発では仙台セミナーを計画中。また企業財務塾については、新潟県内を中心に開講を考えています。

MUGの秋季セミナー

先週の土曜日、新潟でMUGの秋季セミナーが開催された。

MUGというのは、マイツール・ユーザーズ・グループのこと。マイツール(MT)という日本人製のデータベースソフトが誕生して、今年で25年になるそうだが、私もすでに使い始めて22年目を迎える。

文科系のキカイ音痴、PCの操作技術が苦手な私などには、また中年を過ぎてキーボードに触るのが苦手という年代には、MTというソフトは非常に使えるソフトなのだ。

日本人が、それも経営者が「自分が仕事で思い通りに使える」PCがほしい、ということで出来上がったソフトだから。しかも、コマンド主義のデータベースソフトなので、表計算やワープロはもちろん、どんなことでもやれるのだ。

そのMUGも90年代には全国各地にあったが、MTのフリーウェア化以降は解散してしまったところも少なくない。そんな中、新潟のMUG新潟亀の会は、今でも活動を続けていて、毎年秋に秋季セミナーを開催している。

今年は新潟市内で、講師に福田正道さんを招いて、講師を含めて13名が集まった。MTを毎日使っているというレベルから、インストールはしてあるがというレベルまで様々。

そのMTをより便利に、簡単に使うための「便利ツール」を色々と紹介いただいた。全員がPC持参なので、同時並行で自分のマシンにインストールしていく。つまり、もうすぐにも活用できると言うことだ。

さらに、エクセルの機能である「ピボットテーブル」についてもレクチャーをいただいた。福田さんに言わせると、ピボットテーブルはMTそのものだというのだ。なるほど実際使ってみるとうなづける。

面白いのは、この機能が本来のエクセルユーザーには余り使われていないと言うことだ。その理由も分かった。つまりデータベース主義で、しかもページ主義なのだ。これはMTの根本主義そのものだ。

コマンド主義でないところがMTユーザーには抵抗があるかも知れないが、それは操作技術の慣れでしかない。使える機能は積極的に活かして使うべきだ。

企業指導についても、これまではMTを使わせるようにしてきたが、やはりそれらの企業の社員たちにはいくらか抵抗があった。とくに若い人たちは学校でエクセルを使っているケースが多いので、これからはピボットテーブルを活用していこうと思う。

早速、今週末の指導企業から使ってみるかな、試しに。

5年前の記憶から

5年前の今日。午後5時56分でした、最初の揺れは。

何が起こったのか、とっさには分かりませんでした。ゴーッという音、後から思えばそれは地鳴りの音でした。瞬間には、爆発事故とか何かが起こったように感じました。その一瞬後に最初の大きな揺れが襲ってきました。

地震だとようやく気付きました。とたんに電気が切れました。薄暗い中TVも消えて情報も完全に遮断。棚のものなどが落ちましたが、幸い壊れたものは少ないように見えました。マンションの7階、まずは落ち着かなければ。

ちょうどその日はセミナーがあって、私は友人を駅に送り、5時すぎに自宅に戻ってました。(友人は走行中の新幹線に閉じ込められました)
土曜日で娘が戻って来ていて、実家の母を見舞いに行っていたカミさんも、5時半過ぎに帰って来ました。

家族3人が揃っていたのがありがたかったです。

ちょうど、餃子でも作ろうかと冷蔵庫から材料を出したところでした。とりあえず、様子を見ながら電気の回復を待ちましたが、最初の揺れから10分もしない内に2度目の大揺れ。その間にも小さな揺れ(余震)が続いていたのですが、今度のは1回目と同じくらいの強い揺れ。

外に出よう、と決断しました。大事なものだけもって、3人でマンションの駐車場に。もちろんエレベーターは止まっていましたので、非常階段で。外にはマンションの住民が集まっていました。カーTVを点けていた方がおられましたが、情報はまだ混乱の様子。

余震は続きます。さらに大きな揺れがまた。携帯電話は通じなくなってました。たまたま近くに緑電話があり、テレホンカードであちこちにTEL。お互いの実家に、先輩に、友人たちに。

駅前の様子を見に行ってから、会社のことが気になり車で向かいました。もちろん3人で。市内の信号はほとんど消えていました。会社の周辺も停電で真っ暗。

会社の建物は大丈夫なようでしたが、事務所や倉庫の中は、手が付けられないくらいの状況。声も出ませんでした。

急いで車に戻り、マンションに車を置いて歩いて避難所(小学校)に。そこは電気が通じていました。パンと飲み物が配られ、深夜には毛布も届きました。その時になって初めて、靴下を履いていないことに気付きました。


それから5年。

もう5年かという気持ちと、まだ5年しか経ってないかという気持ち。復旧、復興は確かに進んで、ほとんどが元に戻っています。でもねぇ、地元以外では記憶が風化しちゃうんですよね。寂しいけど、それが現実かな。


亡くなった68名の方のご冥福を祈ります。合掌。

初めて自転車に乗れたとき、、、

今月末から、年末に掛けて色々な研修や講演が予定されています。とくに来月は、中旬に3日連続で異なるセミナーがあり、それも含めてレジメや資料作りに追われています。

プロトタイプをかなり作ってあるので、それを組み合わせたりアレンジすることも多いのですが、やはり新しい情報やデータを入れたテキストも必要です。そんなわけで、昨日と今日はレジメと資料作りに全力投球しました。

それでもまだ必要分の半分が出来上がったです。というのも、余りによい秋晴れでしたので、昨日は車で郊外まで走り、今日は1時間ばかり町歩きをしたのです。気分転換にはなりましたが、その分やや遅れ状態です。

次にまとまった時間を取れるのは来週の水曜日と木曜日。翌日から東京遠征ですので、その2日間に全て完了できるようにしなければです。

さて本日も、宇野Proさんのマトリックス通信をお届けします。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2009/10/post_226.html

戦略MQ会計の本を出します!(その1)

大阪は昼前後に烈しい雷が鳴って、叩きつけるような雨が降りました。でも今はまた穏やかな空です(曇っていますが)。風が流れると、どこからか金木犀の香りが漂ってきます。
今日と明日は、リバーストンさん主催の大阪MG。

社員さんが主体の研修ですが、半公開セミナーですので今回も社外から3名の参加を含めて、15名(今日は14名)です。

初めてMGを体験される方が4名、4~5回目が2名。逆に100期(20回)を越えているベテランも4名。なかなかいいバランスです。

ただ今第2期が終わって、決算の最中です。

決してベテラン組が好成績にはならない、ビギナーズラックの起こりやすいのも第2期の面白いところ。さて、今日はどうでしょうか。
さて、久しぶりに宇野Proさんのマトリックス通信が出ました。
新しい本も間もなく世に出るようですね、楽しみにしています。

企業財務塾まで3週間余り

開講まであと3週間あまりになりましたので、再度のご案内です。定員まであと少し、お早めにお申し込み下さい。


戦略MQ会計を土台とした新しいセミナー、「企業財務塾」をこの11月8日(日)に第1回を開催します。経営シミュレーションゲーム(MG)を体験しながら、役立つ企業会計のポイントを学んでいただきます。

言わば「儲かる企業会計」教室といったところです。

皆さんのところも、税理士さんと顧問契約をされていることでしょう。公認会計士さんが入っておられる会社もあるでしょう。では、税理士さんや会計士さんが出して下さる財務資料、それを経営に役立てておられますか?
利益を上げる方法は、①売上を上げる、②経費を下げるの2つしかない、などとおしえられていませんか? とんでもないですよね、そんな税理士さんは・・・

では、経営者の方だけでなく、幹部社員の方、営業や生産現場のリーダーの方は会社の数字が分かってますか。あるいは、現場のデータや情報がしっかりと理解され、戦略的・科学的な事業活動に使われていますか?

企業財務塾では、それらの基礎的なポイントを学んでいただきます。そして、「儲かる会社」にしていただくことを目的にしています。

基本は<戦略MQ会計>です。
 1)「売上アップ・経費削減」の常識を越えて、経常利益を上げる方法を学びましょう
 2)勘や丼勘定ではない、正しい科学的経営を身に付けましょう
 3)MGを通じて、あなたの会社の利益感度を知りましょう

受講対象者は経営者、幹部社員の他、後継者や創業を目指している方など。定員は15名程度で締め切らせていただきます。長岡教室の案内についてはホームページに公開しています。
http://www2.atpages.jp/vanken/PDF09/200911zaimujuku.pdf

エントリーはホームページからも行っていただけますので、ご利用下さい。
http://www2.atpages.jp/vanken/index

大阪セミナー中止します

諸般の事情により、今月31日の脳力開発・大阪セミナーを中止いたします。

既に申込をいただいていた皆さまには、大変申し訳ありません。

なお、次回開催は来年3月(下旬)を予定しておりますが、ツーデープログラム(プレミアムコース)で実施の予定です。より深く、城野思想・哲学を学んでいただきたいと思っております。

次の機会をぜひご利用下さい。

なお、東京セミナー(11/14)は予定通り開催いたします。

脳力開発・東京セミナーご案内

台風18号が荒れ狂っています。首都圏も大変なようですが、越後・長岡も揺り返しの烈しい風雨が続いています。もうそろそろ暴風域も抜けそうなんですが。

ところで台風は一過性の「ピンチ」ですが、リーマンショック以来うち続く不況は、これからも続いていきそうな「ピンチ」です。

企業を取り巻く環境は依然として厳しいですし、一説にはさらに二番底が来るかも。ここに来て円高そして株安が、回復ムードに水を差しているようにも思えますが、例えばホントに円高はマイナスなのでしょうか。

理論や学者・評論家のお説にただうなづくのではなく、実態即ち確定的事実をキチンととらえ、現状条件の中で何が最善の戦略・戦術なのかを考え、実行する実践的な行動学の真髄を学んで、時代を元気に乗り切っていきましょう。

30年前に城野宏さん(1985年死去)が唱えた「脳力開発」や「情勢判断学」は、今もなお色あせることなく通じる思想・哲学です。

ピンチはチャンスと言いますが、現状打破の心と行動がなければピンチはあくまでピンチです。誰でもかんたんに「素晴らしい行動的な人材」になれる、脳力開発セミナーにぜひご参加下さい。

【脳力開発・東京セミナー】

 1.と き  11月14日(土) 9:30~17:00
 2.ところ  LR小川会計ビル 8Fセミナールーム
         ●川崎市高津区久本  TEL) 044-811-1211
         ・JR南武線武蔵溝ノ口駅 東急田園都市線溝の口駅
          下車歩いて10分足らず

 3.参加費  15,000円(昼食代込み) 他にテキスト代 1,000円
 4.持ち物  筆記用具。服装は普段着で
 5.交流会  研修終了後会場周辺で(自由参加)

詳細・お申込はVAN研ホームページからどうぞ。

■ホームページのアドレスです
  http://www2.atpages.jp/vanken/index

■東京セミナーの案内です
  http://www2.atpages.jp/vanken/PDF09/200911tokyonk.pdf

脳力開発・大阪セミナー(再案内)

企業を取り巻く環境は依然として厳しいですね。ここに来て円高そして株安が、回復ムードに水を差しているようにも思えますが、例えばホントに円高はマイナスなのでしょうか。

実態即ち確定的事実をキチンととらえ、現状条件の中で何が最善の戦略・戦術なのかを考え、実行する実践的な行動学の真髄を学んで、時代を元気に乗り切っていきましょう。

ピンチはチャンスと言いますが、現状打破の心と行動がなければピンチはあくまでピンチです。誰でもかんたんに「素晴らしい行動的な人材」になれる、脳力開発セミナーにぜひご参加下さい。

【脳力開発・大阪セミナー】

 1.と き  2009年10月31日(日)
 2.ところ  大阪社会福祉指導センター
         (地下鉄谷町6丁目から歩5分)
 3.講 師  板東秀行(VAN研所長・脳力開発インストラクター)
 4.参加費  15,000円(資料・昼食事込)
 5.主 催  ヴァンガード経営研究所 TEL) 0258-33-5031

詳細は下記からダウンロードして下さい。
 http://www2.atpages.jp/vanken/PDF09/200910oosakank.pdf
お申込はVAN研のHPからも可能です。
 http://www2.atpages.jp/vanken/index

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »