« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

円高の一面しか見ていない

円高が進んでいます。一時は88円台に突入したり、財務相発言が波紋を投げたりと大騒ぎです。大勢としては「円高は良くない」あるいは、「円高になると不況が進む」というのが、マスコミを中心とした意見や感覚のようです。

でも、それは本当でしょうか?

脳力開発の提唱者である故城野宏先生は、かつて円の固定相場制から変動相場制に移行して、1ドル360円から260円前後に変化した頃、さらに200円を切った頃に経済に関する本や論文を多く書かれています。

その頃の政財界やマスコミの論調と、今とはほとんどその中身が変わっていません。進歩がないなぁと思わざるを得ないですね。城野先生も書かれていましたが、円高のマイナス面だけを見てはいけない、プラス面もしっかり見ていかねばならないと。

円高とは円の値打ちが上がること、円とは日本という国の価値を表したもの。日本株式会社の「株券」が円だから、円の価値が上がることは本来はプラスの面が多いはずだと。

確かに輸出産業には大きな打撃でしょう。しかし、日本は原料の95%以上を輸入し、しかも石油や鉄鉱石などはほぼ100%輸入です。製造業の元になる石油、鉄、非鉄金属などなど、これらは全部輸入で、円高になれば大きな支払金額(ドル建て)ダウンになるのですよ。

その面は、せいぜい「輸入食品などがやがて安くなる」程度にしか報道されず、マイナス面ばかりが次々に情報として流されていきます。落ち着いて、しっかり両面を見ること。そして自社はどちらの面を主流として戦略・戦術を立てて実行するか。

これこそが脳力開発の基本中の基本です。

変化対応を脳力開発で学ぶ

鳩山民主党代表が衆参両院で指名されました。いよいよ鳩山新内閣が誕生します。閣僚の名前と役職もすでに固まったようで、新しい船出が現実のものとなります。

そういえば、昨日15日がリーマンショックの大激震からちょうど1年目でした。世の中の変化が、いよいよクライマックスを迎えるということなのかも知れません。何かが終わり、何かが始まるということでしょう。自らもまた、時代に合わせて変わっていかないといけませんね。

もっとも中央官僚たちの変わり身には、いささかのぎこちなさや、余りにとってつけたようなところがあって不快を感じることもありますが、誰もが変わっていかねばならないことは確かでしょう。

易不易といいます。変えるべきものは勇気を持って変えること、そして変えるべきでないことについては懸命に守り続ける。しかし、余りに「平和な時代」が続きましたので、どうしたら良いかと戸惑っている方も多いようです。

こういう時にこそ、そういう方にはぜひ脳力開発セミナーを学んでほしいものです。

今の時代の変化を、30年前に脳力開発の提唱者・城野宏は、すでに予見していたようです。というより、時代の変わり目の「変化は普遍的に起こるもの」と喝破しておられたのでしょう。そして、こういう変化の時代に何をすべきかを私たちに遺してくれているのです。

今年の脳力開発セミナーもあと3回。10/3-4の福岡・志賀島セミナー、10/31の大阪セミナー、11/14の東京セミナーで終了いたします。ぜひご参加下さい。

■詳しくはホームページからご覧下さい。
  http://www2.atpages.jp/vanken/index

ちょっと深いい話

天候の変化がめまぐるしいです。「女心と秋の空」なんていうと、女性の方々からクレームが付きそうですが、特に昨日はそんな天気でした。晴れたり、にわかにかき曇って土砂降りの雨になったり。ちょうどゴルフラウンド中で、いやいや大変でした。

今日はやや曇り空ですが、このあとは晴れてくるようです。とはいえ、明日はまた雨になるようで長続きはしません。昨日の雲などは、秋から冬への変わり目を思わせる感じでしたが、そういえば気圧配置も若干西高東低だったか。

そんな中で、今日から久々の県外遠征に行って参ります。

茨城県古河市、古河経営品質研究会主催の「わたらせMG」、今回で3回目です。参加予定者は24名とのこと、初MGの方もけっこういらっしゃいますのでインストの腕の見せ所です。まぁ肩を張らないで自然体でいきましょう。

さて、久しぶりに宇野Proさんのマトリックス通信です。
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2009/09/post_224.html

しょうがないなぁ

なんだかね。

大勝した民主党も、大敗した自民党も色々と揉めていますなぁ。
どちらも「国民不在」のままに、たらいの中でバシャバシャやっている感じで。

いいのかなぁ、そんなことで。
前者の場合「産みの苦しみ」というくらいで理解してやろうと思うけど。

後者の方は、あきれてモノが言えないなぁ。
思い切って「変える」ことができない体質の古さを露呈しているもの。

振り返って当県の自民党。
小選挙区では6戦全敗、誰一人として比例復活さえもできなかった。

よって、自民党衆議院議員は辛うじて比例単独で当選したお一人だけ。
参議院議員は3人いるようではあるけれど。

よって県議が中心になって動いていくとか。
ところがそれも、7期とか8期のベテラン議員をヘッドにだとか。

オイオイ、それって違うだろう。
彼らだって、今回敗北の責任者じゃないのかい!?

ああ、ここにも「変われない」アホな面々がいるわけだ。
自分の足下のことすらキチンと見えてない彼らに、未来を託すわけにはいかないよ。

しょうがないから、民主党ガンバレ!!

脳力開発・大阪セミナーご案内

脳力開発は人間学・行動学セミナーです。

大激変の時代を切り拓いていく力、それは誰にも備わっていますが、100%発揮していくためにはちょっとしたきっかけが必要です。脳力開発は、そのきっかえを体得していただくためのセミナーです。

大阪では一昨年秋から年2回春と秋の開催、今年は3月に続いて2回目で、今回もワンデーセミナーです。でも3月とは違って、秋季セミナーではケースメソッドのミニセッション時間が、カリキュラムに組み込まれました。

実践的な行動学の真髄を学んで、時代を元気に乗り切っていきましょう。

【脳力開発・大阪セミナー】

 1.と き  2009年10月31日(日)
 2.ところ  大阪社会福祉指導センター
         (地下鉄谷町6丁目から歩5分)
 3.講 師  板東秀行(VAN研所長・脳力開発インストラクター)
 4.参加費  15,000円(資料・昼食事込)
 5.主 催  ヴァンガード経営研究所 TEL) 0258-33-5031

詳細は下記からダウンロードして下さい。
 http://www2.atpages.jp/vanken/PDF09/200910oosakank.pdf
お申込はVAN研のHPからも可能です。
 http://www2.atpages.jp/vanken/index

RS大阪MG(お知らせ)

戦略MQ会計を学ぶ「西研MG」の公開セミナーです。

居酒屋・八角さんをチェーン展開されている(株)リバーストンさんの主催で、社員さんたちと一緒に学ぶMGセミナーです。

 1.と き  2009年10月17-18日(土日)
          10/17は10:00~19:00 10/18は9:30~17:00です

 2.ところ  (株)リバーストン本社 3F
          箕面市船場西3-6-7 TEL) 0727-29-4864
          千里中央駅から歩15分(バスの便あり)

 3.講 師  板東秀行(ヴァンガード経営研究所所長)
 4.参加費  24,000円 ※テキスト・資料代、昼食、初日交流会費込

 5.定 員   24名
 6.お申込  (株)リバーストン・河野さん TEL) 0727-29-4864

●詳細のご案内は下記よりダウンロードできます
  http://www2.atpages.jp/vanken/PDF09/200910rsmg.pdf

残り1/3を駆け抜けよう

総選挙が終わりました。

事前の予想通り、いや予想を超えた民主党の圧勝でした。ちょっと「勝ち過ぎ」ではないかなどという評論家もいらっしゃいますが、小選挙区制ではこういう結果が出ることも往々にしてあるものです。

ちょうど4年前の結果と裏返しになった感じですが、早速「勝因」と「敗因」の脳力開発的分析を始めています。ケースメソッドの材料にして、セミナーのツーデープログラムでやってみようかと思っています。

さて、今日は9月1日。ちょうど1年の2/3が終わって、いよいよ後半戦です。今年の戦略(目標)の総仕上げ、そして2010年に向けての計画立案をスタートします。

初年度2008年は4月からのスタート(開業届は6月)でしたので、今年2009年が実質初の通年仕事でした。2/3を終えて、問題点もかなり浮き彫りになりましたし、軌道修正の必要なところも見えてきました。

これから1ヶ月半くらいかけて、戦略マンダラを活用して2009年のチェックを行い、そこから2010年に向けて「やるべきこと」をまとめていきます。

もっとも、既に各地のセミナースケジュールなどは決まっているモノもあり、自社企画運営のセミナーについても、開催予定日をカレンダーに書き込みました。いくらか修正も出てくるでしょうが、まずは「決める」ことから始まります。

夏休みからしばらく本拠地・長岡に腰を落ち着けていましたので、そろそろ尻がムズムズし始めています。もっとも来週末からは、年末まで土日無しの遠征やイベントがつづきます。その間には待望の「タヒチMG」ツアーもあります。

新型インフルエンザには十分気を付けて、残り1/3を乗り切っていきましょう。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »